新着Pick

ドコモが「iPhone6s」1万円値上げ  来月から、2社も追随へ

産経ニュース
NTTドコモは2月1日から、米アップルの「iPhone(アイフォーン)6s」を1万円程度値上げする。2年契約の際、端末代金の割賦支払い分とほぼ同額を通信料金から差し引き、本体価格を「実質0円」とする販売方式を改める。携帯電話大手3社は月内に「実質0円販売」の是正策を総務省に報告する予定で、KDDIとソフトバンクも追随する見通しだ。
137Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
機種代値上げはあり得ない。通信料が本当に下がるかも疑問。
人気 Picker
1万円値上げというのが出ているが、「データ通信量の少ない利用者向けに、割安な料金プランの導入」というところで、結果的に「0円」プランに近いようなものを作ってくるのだと思う。多くの人にとってあまり変わらないのではないことになりそう。
ユーザーフレンドリーなのは、3Gぐらいのユーザーの料金をトータルで5,000円にして欲しいんですけどね。でも、そこがボリュームゾーンっぽいからこの3社がそんなことをするとは到底思えませんが。そのためだったら、端末値上げとか全然ありです。
総務省がやりたかったのこれですか?結局は大手3社に救いの手を伸ばしたにすぎなかったですね。格安SIMをもっと広く認知させないと。ただ電力とガスの自由化が三大キャリアを大きく後押しする気がします。
1万円値上げすると本体価格が10万円を超えて、割賦販売法の除外対象外となってしまいます。
iPhone 6sは128GBも税込みで10万円を切る価格設定。
わざわざ買いにくくする事は考えられないので、月々サポート減額で対応するのでしょう。
月500円弱ならユーザーの許容範囲で影響は少なく、対外的にもアピール出来るのでdocomoにとっては一石二鳥の都合の良い戦略。

なんだかiPhoneの販売を維持する為に、価格設定やら料金プランを考えていて、iPhoneユーザー以外(androidしかないけれど)は見ていませんね。気付いてないのでしょうか。
値下げに関して、何故iPhoneだけしか言及しないのか、androidスマートフォンについて何も言わないという所に、Appleに対する配慮が感じられる。

キャリア間の競争を促すには、iPhoneの販売をやめるキャリアが出ない限りは無理ですね。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 ウィキペディア
時価総額
6.29 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.7 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
105 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
7.92 兆円

業績