新着Pick

カジノ解禁、今国会も見送り=参院選控え与党慎重

時事ドットコム
自民党は18日、カジノ解禁を柱とする議員立法「特定複合観光施設区域整備推進法案」について、今国会での成立を見送る方針を固めた。公明党が「ギャンブル依存症が増える」と慎重に対応するよう主張。成立を急げ
323Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
いいんじゃないかな。パチンコが良くてカジノがダメな理由が思い付かない。
人気 Picker
日本人のギャンブル依存症の比率は、他の先進諸国に比べて異常に高いそうです。
ほとんどの原因は、街中にあるパチンコ屋でしょう。
簡単に足を運べて、あっと言う間に何万円も失うそうです。
パチンコ、パチスロが原因で自己破産の依頼を受けたことも何件もあります。

れっきとした賭博罪なのに、警察幹部がパチンコ業界に天下りするなどの癒着があるため検挙されません。

カジノくらいで今の「ギャンブル依存症」が増えることはありませんよ。
カジノに行くのは旅行(もしくは小旅行)のような気分でしょう。
依存症の人は、わざわざ足を運ばなくても近くにパチンコ屋がありますから。
意外かもしれませんが、ギャンブル依存症を撲滅するために活動している団体は、カジノ法案に賛成です。何故なら、法案成立と、依存症対策はセットなんです。法案が通ると依存症が増える!と脊髄反射せんと、よーく考えてみよう。
何回かコメントでも書いたが、カジノ自体はすごくいいんだけど、もし実現するとしても目的をシンガポールのように外貨を稼ぐための施策としっかり位置づけてやってほしい。
カジノ企業側のインセンティブとしては、まだみえない外貨より、日本のパチンコマネーを狙いたくなると思うが、それならやらない方がましだと思う。
実質カジノ化してるパチンコを規制してから話をしろ。

街のど真ん中にギャンブル場が設営できるのは日本くらいですよ。営業するなとは言わんが、ギャンブル場はすべからく地域の治安を悪化するし、未成年の生活空間にパチンコ屋が存在することが子供の将来をどれだけ貶めてるか考えるべき。

警察のとっておきの再就職先なんだろうが、ここに手を入れなきゃカジノもクソもテーブルに載せるわけにいかないよ。
参議院選までは、難しい問題は一切国会に提出されないでしょうね。昨年の国会前が酷すぎましたからね。安倍政権は、内政も外交も盤石ですよね。無理する必要は無いと思います。

今年の夏以降が、改革の第二弾です。衆参同日選が行われたら、3年間は選挙が無くなります。そうなったら、大胆な改革を期待したいです。
パチンコ業界のロビー活動?
シンガポールと同じ規制にして、まず導入してから段階導入で良いのではないでしょうか。シンガポールみたいに自国民は登録制で一万円ぐらい入場にかかるようにすればいい。
判断軸の全ては参院選。ポピュリズムの典型。今度は、公約にコソッと書いたりせず、カジノ解禁を参院選で堂々と国民に訴えたらどうか。
昨年の秋にい送った時、2020年東京オリンピックに間に合わないのではと言われていたにもかかわらず、今回も見送り。もう本当に厳しいのではないでしょうか。不安になります。
基本法の審議を所管する衆議院内閣委員会の与党理事は偶然にも賛成派が多数を占めているが・・・