新着Pick

IMM通貨先物、ドル買い越しが3週連続減 円買い越しは急増

Reuters
[15日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が15日発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(1月12日までの1週間)によると、主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する投機筋のドル買い越しが3週連続で減少した。 ドルの買い越し額(CFTCの発表に基づいてロイターが算出)は252億9000万ドルで、前週の287億8000万ドルから減少し、2カ月半ぶりの低水準となった。
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
為替レートは、短期的には金利差や貿易収支より、投機筋の売買に左右されがち。彼らは今はドル売り円買いに傾いていて、115円絡みの下値抵抗線を抜いてストップロスを呼び110円くらいを目指すとかいう解説も出回る。長期と短期は分けて考え、インフレを目指す政府日銀のスタンスをも踏まえて検討すべきだろう。
ここはなんか思ってた通りですね。昨年もよく投資家になんで為替ヘッジしないんだと聞かれてましたが、為替はそもそも予想できない、でも少なくとも大きな動きはもう終わった、と答えていた。年初から株は下がってますが、円高の分ドルベースの下落は緩和できてる
"こうした市場の混乱で安全資産の円が買われ、直近週の円の買い越しは2万5266枚で、前週の4103枚から急増し、2012年10月以来の大幅な買い越しとなった"
縁の買い越しの枚数が一気に増加しているので、短期的な円高は致し方ないとしても、どこかで急に逆方向に動き出しそうな感はありますね。