新着Pick
357Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
かなり長時間の飲みながらの楽しい鼎談でした。堀江さんご指摘のように真っ赤になり大変失礼しました。堀江さんがIT系の経営者の方々と考えが違うと言われたは興味深かったです。とにかくずっと切れることのない、流れるような鼎談でした。7日間ご覧になって頂きありがとうございました。企画頂いた佐藤さん、編集頂いた上田さん、映像制作の皆さん、そして佐々木編集長、本当にありがとうございました。とても楽しい企画でした。
日本で宇宙事業に手をつけるIT企業経営者がなぜ私以外にいないのかについて論考しています。
1週間おつきあいくださいましてありがとうございました。よいお年を!
【堀江×佐山×楠木(7)】テーマは、「2016年はどうなるか」。7日連続でお送りした「奇跡の因縁バトル」最終Roundです。毎日ご覧いただき、ありがとうございました!

個人的な今年の抱負としては今回、動画のお手伝いでテーマのカンペを出す、テロップを考えるなどテレビ局のADの真似事が楽しかったので、動画スキルを極めてみたいです。
てんこ盛りの内容をお届けしたく、結局この日は奇跡の授業から始まり、4時間以上堀江さん、佐山さん、楠木さんを拘束してしまいました。
カメラも3台くらい入り、その大仕掛けぶりに、堀江さんに「なんなのこの妙な本格ぶりは、iPhoneでいいよ」と言われてしまったほど。
上田真緒エディターとの90年代のADのような仕切りも(カンペの乱用など)無茶ぶりが多く、ご負担をお掛け致しました。
堀江さん、佐山さん、楠木さん、長時間本当にありがとうございました。
また、最後までお読み頂きました読者の皆様、御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
楠木さんが堀江さんのコメントをコピペしてとってあるというのに笑いました。

全体を通して内容も面白かったですが、映像で魅せるという手法が新鮮でした。佐山さんの「ハートのある投資」など、テキスト以上にその場の空気感を感じられ、テレビと雑誌が融合したような新しいメディアの形を感じました。

また是非こうした企画をお願いします。佐山さん、楠木さん、堀江さん、ありがとうございました。
かなり濃い特集でしたし、動画の可能性が大きく広がった気がします
テンポよい短尺の動画がやはり相性がよいし、普段人間は文字では伝わらない雰囲気や表情で多くの情報を補ってるんだな、ということが良くわかりました
さて、中身についてはホリエモン氏の言う「自己表現」のための起業ってのは良く分かります。いろいろな社長さんにあってもその辺りは本当に人それぞれ。ただ、そういうモチベーションではじめ、金銭的に成功し、そのあと大義を見つけていく、というのは普通だし別に悪いとも思わない。そうなってから進化する人とそこで止まる人、という違いなんだと思うし、だからこそシリアルアントレプレナーは強いんだと思います
日本のITに関わった経営者が宇宙事業にいかない理由を、堀江さんが考えられており、堀江さんの思考・頭の中が、かなり先に行っていることが示されていますね。
スマホ、ロボット、ドローン、IoT、医療は生活者にかなり近い領域だから、生活が変わるというのをイメージし易く、IT経営者も興味を引く。しかし、宇宙というテーマは、なかなか生活が変わるというのが直接理解し辛い。その違いが大きいのではないでしょうか?
しかし、どこかで堀江さんが宇宙とエンタメの話をされていましたが、具体的なイメージが生活者に浸透していくと宇宙に興味を持つわけですから、IT経営者もそれを理解し、参戦されていくかと思います。これは時間の問題ですから、2016年こそが宇宙への理解が進む年になるのではないでしょうか?
また、2016年は御三方のこれからのコラボが期待できる年になるのもポイントかと思います。

最後に、本当に面白い連載でした!いい企画です。ありがとうございました!
本当に素敵な三人のお話が聞けてとても楽しかったです!
こういう肩の力を抜いた、素で、自然なお話は本音が聞けてとても勇気付けられますね。

人生色々、好き嫌いも色々ですが、人間として大事なこと、本質的なことはきちんと押さえてみえる。
「今日、実質、初めてお会いするような感じでしたが、二人、本質的にけっこう近いでしょう。」とっても近いですよね!

タイプの違う三人のそれぞれの強みを活かしたご活躍。素晴らしいですよね!2016年も楽しみにしています!

楽しい一週間を本当にありがとうございました(^o^)/

igatakuさん!
「僕らの時代」仰る通りですね(^o^)/
最後の写真の皆さんの表情に、対談が有意義だったこと表れている。堀江さんがいうポイント、グーグルとかフェイスブック、ホントに総張りしている。このままでは差が広がるばかり。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。