新着Pick
419Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事は素晴らしい。単なるサイバーの話じゃなくて、彼の事業に掛ける思いが、業界に対する思いが詰まってます。
彼も長老になったんだなあ(笑
ちなみに私もいつの間にかそうなってますね(-_-;)
海外進出は、簡単ではありません。でも思ってるほど難しいとも思っていません。現在36ヶ国にユーザーがいます。たったの1%の売上ですが。
外国人社員の比率が25%になっており、もはやカオスです(笑
今年から、一斉に海外拠点で大量の営業人員を投下します。多くの素晴らしい人材がジョインしてきています。
堀さんの言葉にある通り、
>「日本だけに閉じこもっていたら、面白くない」
買収ではなく、自分たちで米国で通用させたいと思っています。
ここ数年で、乗り越えるべき壁はもう見えています。
乗り越えられると思います。日本のソフトウエア会社で米国でロールモデルを作ってみせます。
日本最大のERPベンダーから、今の売上規模では世界の弱小ベンチャーになってしまいますが、まさに創業期に戻って挑戦します。

しかし、営業のアポどりからして日本とは全く違うんですよね。本当に一からやってます。
ぜひ、気持ちだけでいいので応援してください(笑
縮小する国内マーケット、アップストアなど国境がなくなった配信チャネル、アイディアが世界を駆け巡る速さ、テクノロジーそのものでの差別化が困難になってきているなど、グローバル化は必須。グローバルは機会であると同時に大きな脅威。ネット系の事業では国内市場にのみ目を向けていると、SNSにおけるミクシィのように海外勢にやられてしまう。
「海外進出はそう甘くない。だからこそ、挑戦し続けるんだ」といきたいですね。グロービスは、ビジネススクールとしてグローバルに進出し続けるし、VCとしてもグローバルカンパニーを作り続けたいですね。

「日本だけに閉じこもっていたら、面白くない」です。
あまり意識しない方がよい気がしますね。
ネット関連企業なら比較的簡単に海外進出できる、なんてことはないだろう。ある意味同じように(「お金」という)リアルを持たない銀行や証券会社も長い海外進出の歴史を通して、海外ではなかなか成功できないことを学んできた。言葉と文化の壁、規制の違いをはじめ、やはり現地でなければわからないことが壁になる。従って金融機関はカネにもの言わせての海外企業の買収によって海外収益比率を引き上げてきた。それでもそれをきっちりマネージできる経営陣が揃っているかと言われれば疑問だ。必然的にベンチャー企業も独自で海外進出することは相当難しいと言わざるを得ない。海外のよいパートナーをみつけ、相当譲歩してでも組ませて貰い、時間を買うのが現実的だと思う。
海外進出、グローバル化、の定義次第でどうにでも変わってくる議論である。
日本人は海外進出、グローバル化、という状態自体を体感的に知らないので、海外進出、グローバル化するべきか否か、という幼稚な二元論に終始してしまう。

海外売上比率数パーセント、という状態は成功なのか?

Facebookの非US売上は約50%、Amazonは40%、Saleforceは25%、我らがエムスリーは20%。

母国市場を制覇してから同じモデルを輸出していくモデル、
最初からグローバル取引に意味のあるプロダクトを投入し、最初からネットワーク効果がグローバルに効くモデルなのか。
この2つは全く異なる。
前者は時価総額に換算するならば、1-2兆円が限界。
対して、Uber、Airbなどのモデルは最初から後者である。
Facebookもその面があった。
これが最も加速度的なスケールが出るモデルであり、ローカル組は防戦一方になる。
時価総額10兆円を超えるにはこれしかない。

強い陸戦部隊が必要なモデルほど展開の難易度は上がる。
物流を伴わない、メディア系のモデルの方がそれでもまだ可能性がある。
という要素も重要である。

その上でのチャレンジ要件だが、創業者がどの程度英語で行けるか、で相当左右される。
共同創業者以上に英語ネイティブな人物がいるか、が、正直最低ラインに思える。
エムスリー社長が英語ネイティブ級なのは偶然ではない。
ここにある大企業とネット企業がパートナーシップを組むという発想のように、海外進出でもパートナーシップや専門性の違う人材を有機的に機動的につなげていくと「甘くない」海外領域でも成功の確度が上がっていく。
海外進出は甘くない。ほんと。日本はまだまだ市場環境的には恵まれた環境にあり、日本で利益が出せない会社が海外進出しても上手くいくケースは稀だと思います。

また、厳しい海外市場でやる意義をもたらしてくれるのは、日本市場での評価云々ではなく、社会全体をどう変えるかというビジョンと哲学。利益だけで考えると、海外進出へのハードルはまだまだ高い気がします。
スマホの黎明期に比べると起業の種が減ってきていること、投資家も政府も海外のトレンドの後追いになってしまっていること。バズワードのように「海外進出」を目指す企業が増えてきていることを憂う藤田社長。

ただ、インタビューを通じて藤田社長が一番伝えたかったことは「海外進出は甘くない」という苦言ではなく、「動画元年」と題して今年最注力している動画事業についてでしょう。人事異動により、全社から動画事業の部門にエース級の人が集められていて、Amebaの立ち上げの時と同じような本気度を感じます。
藤田さんが言っているのは、起業家は世間に流されるな、ってこと。ベンチャーキャピタルも監査法人もマスコミも、すぐベンチャー経営者に向かって海外展開しろっていう。すると、なんだか海外行かなきゃイケてない経営者みたいになる。でもクチで言うだけの人の意見を鵜呑みにして失敗しても誰も後で助けてくれないから、経営者は乗せられないように、っていう藤田長老の教えです。

起業家はビジネスでお客様を増やして稼いでなんぼ。冷静に勝てることをした方が良い。

日本初のグローバル企業 三井物産で学んだ奥義を公開しましょう。

サービスであれモノであれ
「輸入は儲かる、輸出は儲からない」

これは私が物産に入ったからこそ知りえたお役立ち情報の中でトップ10に入る知恵です。

売上ではなく利益で見た話だから、投資家とかマスコミとか外部の人はあまり知らないことです。