新着Pick
168Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
歴史的に大手保険会社の営業は戦争で夫を亡くした未亡人が生活できるように保険会社が雇ったのがルーツにあるそうです。

しかし、その意図は夫を亡くして可哀想と周囲に思ってもらって加入へ繋げるという少しえげつないやり方でした。

その名残でだから保険の営業はおばさんが多い。

他の業種だと営業に総合職のエース社員を置くのは普通ですが、大手生命保険ってまだあまりそういう人事をしない。(もちろん、一部に優秀な人はいますが、全体としてという話です)

今後はそういう慣習を破って営業力を強化して、専門性の高い優秀な社員を営業に置く流れが増えるのでは?

外資系の保険の人に聞きました。
営業にエースの総合職をつけるのは一般企業では当たり前だけど、金融機関でやってるのは証券、外資系生保。これはつまりビジネスモデルの問題かなあ。
銀行や日系生保は商品開発力、といえば聞こえはいいけど、実際は仕組み」参入障壁で食えるから。
保険と銀行は親和性が高いのはその通り。ただ、この場合は銀行側の人事制度を変えなければダメですね。顧客との長期的な関係を謳うのであれば、担当者が2〜3年で代わる代わるというのは良くありません。私が銀行にいた頃もお客様に指摘されることが少なくなかったです。
銀行窓口への保険販売。これもある種のリアルアフィリエイトだよな。素晴らしいビジネスモデル。
営業職採用の9割を保険業界未経験者から採用してるのは、シンプルに「保険業界経験者だけに絞ったら採用計画を達成できない」から。
これだけ採用マーケットがレッドオーシャンだと、未経験者でも即戦力化する仕組みづくりがキモ。LDSについて詳しく知りたいなー。
"LDS(Life Design System)でプランを設計していく。2カ月間、缶詰めで教育しますので、過去の経験は必要ありません。"
一部を除き、生保を売っている人材の質には、コンプラ面含め、個人的には懐疑的です。隣接業界から見ていて、強く思います。MWさんのご指摘通り、金融庁も明らかに規制強化しています。「窓口」は、その流れの契機になった。そこについても、触れてほしいですね。
東京三菱銀行が、「ほけんの窓口」を無効化すべく、全く同じコンセプトで" 複数の保険商品から最適提案"を謳って窓販してます。ベンチャーである保険の窓口に頑張って欲しいです。ちなみに、当社はグループに保険代理業がありますが、保険は証券に比べれば、営業に関する規制が緩いです。今後、証券業界並みに規制強化が保険に進む方向です。特に利益相反回避と情報開示が進みます。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
1.63 兆円

業績