新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
燃料電池車は、市販ではトヨタに咲きを越されたけど、市販に向けた技術では国内ではホンダがピカイチ。一方のGMも、燃料電池の分野には60年代から取り組む最古参。世界最大級の生産台数をほこるGMと市販に向けた技術でリードするホンダが手を組むことにより、一挙に躍り出る可能性もあって、目が離せません。
まあ自動車メーカーは死ぬ気でここを守りにくるだろうね。。
自動車の車種別販売予測の1つ(①)とトヨタのFCVと水素インフラのコストなどTMSで得た情報(②)は下記をご参照。動力源という部分では、ガソリン、ディーゼルと同等に普及するとは、現状考えにくいですが、水素インフラは電力との関連もあり、各方面の研究開発次第というところ。2050年頃に普及している状況を目指すなら、2025年には量産体制を構築しておく必要はあります。

https://newspicks.com/news/1148380?ref=user_9139
https://newspicks.com/news/1229194?ref=user_9139
FCVに関しては、ホンダとGMは昔から提携していた。ただ今年になってPHVにも提携広げる方向へ調整という報道があった。FCVもPHVも最終的には電気を用いる。バッテリーなのか燃料電池かというところを共通させておけば、モーターや制御回路などは同じものを使用できるものなのだろうか?提携拡大と合わせて考えたい記事。
https://newspicks.com/news/1326516?ref=user_100438
夢の水素エネルギーを使う燃料電池車。
原油安でモチベーションが低下しないか心配でしたが、いいニュースですね。
水素ステーション建設と維持に高いコストがかかるそうなので、普及までにはもう一山超えなければならないようです。

でも、将来がとても楽しみです!
燃料電池ってどうなんだろうか。ガソリン車よりもいいとしたら、石油がなくなっても持続可能ってことしかないのでは?
クリーンと言っても、水素をつくるのに現時点ではガソリン車より、クリーンじゃないからなあ。
まあその辺りを日本のメーカーが大幅に改善するのかも。
でもどこか一社でもEVに研究費を全面シフトしてほしいな。
車は日本の基幹産業なので負けないで欲しい。
ホンダもFCVに積極的に取組む方針なのかな。電気自動車と燃料電池車、どのように次の市場が形成されて行くのか引き続き目が離せない。
FCVを量産体制して本当に大丈夫か?という懸念が拭えませんね。見込んでいるような需要が本当にあるのかどうか。アテが外れると目も当てられないような…。
はやく乗りたい
時価総額
4.11 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.04 兆円

業績