新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グーグルのロボット部門の責任者だったアンディルービン氏のグーグル退社に続き、ジェイムズカフナー氏のトヨタ移籍はGoogleにとっては痛いだろうな。
今後グーグルのロボット企業の買収が加速されていくのか、注目したい。
自動運転車ほど騒がれていないけど、医療・建設共にとても大きな需要が期待できる。グーグル直にアップルを抜いて、世界一の時価総額を誇る企業となりそう。
この記事ひどいな(--;
ひとつめ以外はGoogleと関係ない(笑
読まないでいいと思います。
グーグルというかアルファベットのロボット部門は責任者不在で苦難だね。ドローンプロジェクトとともに今は「X(旧グーグルX)」下にとりあえず置かれている。
手術の自動化は難しい。それより手術の幅をロボットで広げてほしいです。そのためには剛性の高い材料のワイヤーや微細加工が大事だと考えています。
手術に関してだけ言えば、このビデオを見る限り、将来性はなさそうです。
人間が出来ることをロボットでやっても仕方ないでしょう。ダヴィンチは、通常の腹腔鏡下手術にない利点がありますから(コスト面の問題がクリアできれば)将来性がありますが、人型ロボットに手術させても、何に使うつもりなのか分かりません。
グーグル(アルファベット)のロボット責任者が、トヨタのAI研究所に移っていたとはびっくりです。AI研究者の人材流動性が高すぎる感じがしますね。どこも同じような研究してるってこと?
《テクノロジー》ロボティクステクノロジーの方向性は各種認識技術をどう自動化や機械的な判断に繋げていくか次第と理解している。今は各社、投資開発モード。早いところ、実用レベルの技術を見て、必要ならライセンシングなどに繋げたい。
この連載について
ロボットの最新動向をシリコンバレーからお伝えします。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア