新着Pick
439Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結局マスコミ、そしてそのマスコミの視聴率の源泉たる大衆に共感を得るべきかどうかというところが課題となります。大衆に耳触りの良い言葉、例えば儲け度外視でステークホルダーがみんな幸せになる為に頑張りますと言うのが一番簡単です。しかし、それは全てが本当の事ではありません。泣いてもらう人もそれなりにいますし幸せにならない人も一定数出てきます。ですのでそう言わないで企業再生させたりするのが私は誠実だと思っています。そこが佐山さんとのスタンスのちょっとした違いなのでしょう。私の手法の場合私自身が理解されるのに時間を要しますし悪い意味で誤解されるリスクが高いですが、自分は納得しますし社会的な結果は確実にだせるのでそれでいいと思っています。
人気 Picker
(追記)迫俊亮さんの「売却時、価格が安くても従業員の皆さんが喜ぶ先に売却するのか」にお答えします。そうです。実際に、2年前の上場広告制作会社のTYO売却時、44.4%をプレミアムを乗せて売却もできましたが、吉田社長他の方々が、どこかの傘下に入ってしまうので、市場でばらばらに売って欲しいと言われ、手数料を払って、ディスカウントで売却しました。儲かるからとみなさんが嫌がるところに売却し目先の利益を取りに行くと、折角築いた投資先との関係は最悪になります。今後誰もそのファンドに相談しようとは思わないと思います。投資してから売却するまで、一貫して投資先の皆さんを優先してこそ初めて、投資先との信頼関係ができ、市場の皆さんからも信頼されるのだと思います。この姿勢こそ、長期的に見て、投資家の皆さんにも大きなリターンをお返しできる源泉だと思っています。投資先を一番大切にすることこそが、我々が目指す「日本型」のバイアウトファンドだと思っています。
(原文)ヘッジファンドなど、経営権を取らないファンドの人達が一番大切なのは「投資家」と言ってもいいですが、経営権を取る投資をする我々バイアウトファンドは、一番大切にすべきは「投資先の会社」であり「従業員」だと思います。投資先のことを本気で「ハート」を持って接するのが一番大切だと思っています。経営者の一番の責任は、従業員を幸せにすることだと思っています。従業員の人達のことを真剣に考えて楽しく働ける会社にして初めて、皆さんが頑張れますし、皆さんが楽しく頑張って初めて企業の価値が上がります。企業価値が上がれば、結果として投資家の皆さんに大きなリターンをお返しできます。
きれいごとではなく、一番大切にすべきは、投資家ではなく、投資先の企業とそこで働く従業員の皆さんだと思っています。今、殆どの時間をスカイマークに使っています。スカイマークの社員の皆さんが楽しく働け、誇りを持てる会社にできなければ、お客さまにご満足いただけるサービスをご提供できるはずがありません。真剣に、スカイマークの従業員の皆さんを愛し、一緒になっていい会社にしたいと思います。応援よろしくお願いします。
(それにしても、第4回にしてすでにかなり赤くなってきています。あと3回あるのに心配です。かなり赤い顔をしていますが、ちゃんと考えてお話していますので、みなさんどうかお許しください 笑)
佐山さんは余人をもって代えがたい独自のスタイルで投資をしているように見えますが、本来はこれはこそが「投資の王道」「経営の正道」だと思います。
それにしても堀江さんのお話が正直というか率直なのには驚きました。やはり人間は会ってみないとわからないものだと思いました。
佐山さんには以前、親身に話を聞いていただいたこともあり、非常に人情味あふれる方だと感銘を受けております。
一口に「投資家」と言ったところで、バークシャーもフラッシュボーイズも「投資家」なわけで、手法や芸風は十人十色なのでしょうね。

その上で、ファンドビジネスというのはある種の人気商売なのだろうと思っています。一つは出資者を惹きつける点において、もう一つは投資先から受け容れてもらう点において。非公開企業の株式引き受けなどを行う場合は、レピュテーションが悪いと投資機会を失うことになるわけですから。
自分たちの投資方針や信念を明確に打ち出してブランディングすることは、ファンドビジネスを展開する上では肝となる要素なのだと拝察します。
この2点に加えて、世間やお上への体面を保つこともまた、パブリックエネミーになることを避け、ビジネスを続けるためには重要なことなのでしょう。「人気商売」と感じる所以です。うっかり「物言う株主」などと認知されてはいけないのでしょうね。

個人的には、企業の永続的な成長に向けて共に走る、経営者視点を持った投資家が理想だと思っています。
【追記】
佐山さん、御丁寧な御返答ありがとうございます。非常に感銘を受けました。いつか佐山さんとも一緒に働かせて頂けるような経営者になれるよう精進を重ねたいと思います。ありがとうございました。

【原文】
佐山さんに是非お聴きしたい。通常時はもちろん「従業員のために」を実行できると思うのだけれど、「従業員のために」と「投資家のために」がトレードオフになるような状況で佐山さんはどう決断されるのだろう?

このようなトレードオフは、特に売却プロセスで直面することが多いと思う。こっちに売ったほうがリターンは大きいけれど、従業員のためにはリターンが小さいあっちに売った方が良い、というような状況。多少の差であれば「ファンドのレピュテーション」を考えて従業員を選ぶような選択をすることもあるだろうけれど、その差が大きい場合。

本質というのは、平常時ではなく、大抵極限状況において現れる。
今日の話はことさら面白い。佐山さん、楠木さんの聞き上手っぷりがすごいし、MVPはホリエモン氏の本音を引き出した佐山さんと思いますし、その意見に対して佐山さんの本音も引き出されている。「対話力」が大変勉強になるし、動画がついてることで尚更臨場感があります。聞き手は単に質問ではなく、自分の仮説をぶつけ、回答者は違うなら違うと言い、でもそれによって本人の考えも深まっている。こうやって経営者の本音を引き出して価値観をチューニングしてるんだというのがわかる内容でした
こんなに予定調和でなく「それは違う」というセリフが出てくる対談ってそうは無いと思いました
中身については、ホリエモン氏が最後に言った外野に配慮しないというのは、正に先日の記事で政治家にならなくてよかった、とコメントした背景。でも、彼の有限な時間はそこに投入するのは勿体なすぎるので今のままでいいんだと思う。
一方でキャラの作り方と演出力に長けた佐山さんは、「ハートのある」は外野向けというのも納得だし、「そうやった方が結果儲かる」と喝破しているのもなるほど、と思いました
ハートのある投資でいいと思います。
友達がスカイマークのB737のパイロットをしていますが、「佐山さんに期待している。会社は生まれ変わると思う。」と言っていました。従業員にそう思ってもらえているわけですから、佐山さんのハートは確実に伝わっていますよ。
経営者自らがハートを語るか否かは、スタンスや性格の問題です。言葉に表さないと伝わらないこともありますから、私は言ってもらった方がいいですね。
【堀江×佐山×楠木(4)】佐山氏が唱える「ハートのある投資」は実現可能か。きれい事ではないのか。スカイマーク支援の際に、堀江氏が「結局はカネ儲け笑」とかみつきました。このテーマを投げ、対面で議論していただきました。火花を散らしながら、両者がなぜそこにこだわるかを熱く語ります。そして堀江氏がなぜ捕まるのかを悟るという思わぬ展開に…。
私は佐山先生の「ハートある投資」という考え方と「ハートのある信頼関係を事業全ての基礎とします。」というインテグラルさんの経営理念を、Newspicksを通じて知った時に感動を覚えました。

誰しも若かりし頃には仕事をしていると、そのビジネスライクな考え方に疑問を感じることがあると思います。しかしながら、日々本気で仕事をしていると見えてくるものがあります。結局は「ハート」がないと良い結果はでないのです。「ハート」があると、お客さまにとってベスト提案ができ、結果ビジネスマンとしても最高のパフォーマンスが出る。お客様に対して「ハート」があればトコトン観察し、トコトン考え抜くことができるのです。「ハート」をもって仕事をするということは、実はビジネスで成功するための本質なのだと思うのです。

「佐山さんからすると、「ハートのある投資」と言うほうがストイック」
→特に企業再生においてお客様のベストを追及するのは相当ストイックだと思います。「ハートある投資」という何とも柔和な言葉の雰囲気に反して、それを実行する人達は相当ハードではないでしょうか。そもそも企業再生をする会社はこれまで色々やってきたけど、今大ピンチな状況。そこで最も大切にしなければいけないことが「ハート」。従業員の方々が最大限のパフォーマンスを出せるようにする。その会社のお客様に「ハート」を持ってビジネスを行ってもらう様にする。それが企業再生の本当の秘訣ということなのだと思います。

佐山先生と堀江さん。究極の負けず嫌いのお二人。キャラクターこそ違いますが、その熱い思いは同じ。私も熱い人間なのでとても共感します!!
(佐山先生は今回堀江さんとこの話題についてお話できたのが一番嬉しかっただろうなと想像します。)
法律的に堅いことを言うと、PEファンドのGPは投資家に対する忠実義務があるので、常に、一銭でも多く儲かる選択をしなければならないことになる。ただし、僕も佐山さんと(多分)全く同じように考えているのは、長期的に、そして、ポートフォリオ全体として、投資家に報いたいということです。儲かるからといって、社員を不幸にし、とんでもない先に株を売りとばしたら、その一件の投資は儲かっていいかもしれないが、その先に案件はないと思っている。そうすると、投資家も不幸になる。結局、どういう言葉を使うかはともかくとして、社員を含めたステークホルダー全体の利益をよく考えて、彼らにとって幸せを感じられるようにすることが、長期的には投資家の利益になる。こういう考え方をするPEファンドは少数であり、また、海外投資家にもこういう考え方は受けない。しかし、それならそれでいいし、そういう投資家だけを集めればいいのではないかと僕は思うのだ。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。