新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アフリカは情報・ニュースが少ない、と言われるのですが、少ないのは日本語のニュースで、実際は普通にたくさんあります。アフリカのニュースをPickして、その意味をこつこつと書いているので、ふだんのPickも見てもらえればありがたいです。

アフリカはチャンスは多いのですが、経営力をもっていない、いまの日本企業のやり方ではなかなか難しいのが現状。いま日本企業で成功しているパターンは3つ。世界展開していて海外売上でアフリカの国がトップ、というような会社もあります。

でも、今年はいくつかエポックメイキングになるような、日本企業のアフリカビジネスの進捗が発表できると思います。楽しみにしていてください~

追記)
吉田論史さん>それがアカデミアや国際機関の定説ですね。私はちょっと違うかもなと思っています。

Shimizu Kenjiさん>タンザニアについては言及していませんが、よろしければこちらを。ネイルは市場は拡大していますが、競争も激化。ユニークネスが必要かと思います。

アフリカ大陸のファッショニスタ・ベルトを行く
西アフリカの着倒れ文化に潜在するファッション産業
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141222/275468/?n_cid=nbpnbo_nbotw_top&rt=nocnt

Kenji Kasakawaさん>それが、そうでもないんです。国によるのですが、写真のケニアはたいていの日用品は国産メーカーが入っています。消費にひっぱられて製造業が生まれる。そこが面白いところなんですよね。
南アとナイジェリアの製造業の状況に関して勉強になった。新興国の成長に、近年はIT主導が多いと思う。それは各国のトップ人材であれば一定言語ができ、通信インフラが整っている首都とかなら、ローコストアウトソーシングが可能だから(あくまで一般論で、個別ではもっと差別化・個別要因は多くあるが)。でも、そんな時代でも、製造業を持っている国と持っていない国の成長性の持続度は全く違うと思う。製造業の雇用吸収力は大きく、また自国のモノの需要に対しても応えることができるので、長期的に輸出入バランスにはとても重要(特に人口が大きい国にとって)。また経済が成長していく中でモノのニーズが進化し、それに追随することが出来れば、ノウハウもたまり、製造業としての競争力が蓄積する。
南アはもちろん、ホンダはナイジェリアには80年代には2輪で進出し、最近では同社にとってはアフリカで初めて四輪生産をナイジェリアで始めている(下記)。生産台数1000台ということでノックダウン生産ではあるが、こういった部分から始まっていく。
https://newspicks.com/news/1059812?ref=user_100438
アフリカのEコマース市場は注目!
ナイジェリア版Amazonと呼ばれるJumiaの今が気になります。
http://cart.st/corp/blog/2014/01/jumia/

現地で物流機能をどこまで整えられるかが鍵になりそうです。

記事内で面白かったのは、日経企業であることだけではビジネスを優位に進めることにつながらないという事実↓
>日本企業は素晴らしいと言う人に、具体的にどんな日本企業を知っているかと聞くと、まず「トヨタ」と答える。「トヨタの車は素晴らしい」。「ほかは?」と聞くと、次に出てくるのが「JICA」だ(企業じゃない)。3番目はない。
ケニアが「フィンテックやエデュテック、ヘルスケアテックの事例は捨てるほどある。」とのことで、リバースイノベーションも期待できそう。
最後のフロンティアたるアフリカが、世界を引っ張っていくのは、まだまだ先な感じがしたが、種を蒔く時期は到来しているように感じました!
"これまでのアフリカと違うのは、急激な成長を経て、アフリカの内需の強さへの期待がある点だ。内需は相対的にマクロ経済や政治リスクの影響を受けづらい"
まだまだGDPが相対的に小さく経済の脆弱性は否めないアフリカ諸国ですが、それでも高い経済成長率によって着実に内需が強くなっているのですね。
”アフリカでの日本企業の成功事例と言われる味の素のナイジェリアが、黒字化するまでにかかった期間は10年。それでも不確実性が高いナイジェリアに張り続けた”
アフリカが「最後のフロンティア」と誰もがわかっていても10年単位で張り続けることが実際にできる企業はごく少ないですよね。だからこそチャンスがあると見る人も少なくないのでしょうけれど。
さすが。外部環境がアフリカ諸国にとってマイナスに働く年であること、日本企業にとってのアフリカの見方が分かっただけでも価値ある記事でした
異なる地域のレポートはいつも刺激になりますがアフリカは特に面白いですね。南米とアフリカを比較すると面白いかもと思いました。

南米も「もはや資源だけではない!内需だ!インフラだ!」などというレポートが2010年とか11年とかに見られたが、資源価格が下落するとやっぱり内需も萎んでいった。現在の世界情勢の影響を受け、アフリカ諸国は濃淡ありつつも負の影響を受けているということでは同じということか・・・?! それとも直接投資の流入が景気を引っ張っている???

赤道ギニア、アンゴラの一人当たりのGDPはやばいくらい高いが、炭化水素系エネルギーの依存度が高いということでベネズエラと同じ道は辿らないのかな?政策なんかを比較しても面白いかも。

大昔、ケニアとかタンザニア、モーリシャスあたりをほっつき歩いていましたが、だいぶ変わったようですね。そもそも両国の一人当たりGDPにあまり差がないというのがびっくり。1990年ごろはえらい差を感じましたから。インドの投資が多いというのは納得。印僑やたらと多いですよね。チャイをよく飲むし。

「アフリカの水を飲んだものはアフリカに帰る」とか当時の地球の歩き方に書いてあったが、未だに帰れていません。

このレポート読んで急に行きたくなりました!続編期待します。
これぞプロピッカーの仕事ですね。最近のコメントが集まった佐々木さんをとりあげた記事でも激論されましたが、こういうプロの存在を一般的知名度関係なくNews Picksで大事にし続けてもらえると、ユーザがNews Picksの未来をより感じることができるんじゃないでしょうか。
そろそろ再度アフリカいかないとな
ケニア、ナイジェリアに注目。内需の高まり、起業意識の高さは知らなかった。日本企業のアフリカ進出は遅れてるよね。イベントを開こうと思ったら、参加者が集まらなかった。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。