新着Pick
579Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1/4の日経新聞には、イオンの店舗抜本的再構築の記事が掲載されていましたね。それによると、「食品、衣料、家電などを総合的に扱うことにこだわらず、地域の客層や競合店の状況を踏まえながら、店舗ごとに売り場の専門性を高めて集客力を取り戻す」とのこと。他の大規模スーパーも変容がありそうです。

リアル店舗の優位点について2つ、2016年予測の本記事では書かれていますが、その他にもう2つ加えるとすれば「地域性」「居心地の良さ」ではないでしょうか。
コメント欄で牧田氏が指摘されているが、店舗にたどり着くまでに消費者が費やした時間や交通費を回収するに足る効用が果たしてリアル店舗で得られるのか。
この厳然たる命題に対する既存プレイヤーの模範解答は、「心をこめたおもてなし(接客力)」と「他店とは一味違う品揃え(編集力)」であることが多い。

なぜかというと、これまでのビジネスモデルを維持しようとするとこれしか答えようがないから。
マーケティングの世界では、伊勢丹のバイヤーやユナイテッドアローズの店員さんが具体的な優等生として取り上げられますが、それらは所詮、耳障りの良い現状肯定に過ぎない。残念ですが。

まさしく「イノベーションのジレンマ」とか「サンクコスト効果」と呼ばれる窮状なわけですが、まずは現実を直視することが肝要。
次に、変革者としての覚悟を持って既存のビジネスモデルを壊す。これしか進むべき道はない。

具体的には、大丸松坂屋は百貨店業界で随一の破壊者です。翻って、最近よく記事がピックされる三越伊勢丹はチャレンジャーにも見えますが、実は既存モデルを否定していない。
書いてあることは既に広がっていることだと思います。今年は真のオーバーストアが始まります。正直、今、小売やファッションはネタ切れで厳しい。

ここ数年のテーマとして、「ライフスタイル提案(雑貨重視)」「インバウンド」「メイドインジャパン」「エシカル」などが注目されてきましたが、業界全体のネタ不足もあり業界全体が一気に同方向に動き、流行が短サイクル且つ小さくなっています。今年大当たりする流通を押し上げそうなテーマはなかなか見当たりません。

私はECもリアル店舗も大きく変わらないと思います。ただ、幾つかだけは違いがある。1点目は「モノの身体性」です。私たちは体を持っていて、モノには物体としての物理性がある。ECには本質的にできないことがあるということです。例えばモノに触ることや匂いを感じることはできません。大切なのは、モノと人の本質を徹底して考えることです。例えば、蔦屋書店は居場所という空間、極めて物理性が高いものを提供しています。
2点目は「コスト」です。リアル店舗は小売側にとってもお客様にとってもコストが高い。だからこそ逆説的に作れる場所や関係性がある。深い時間体験だったり、深い関係性はコストをかければかけるほど意識する。一度店舗で作った関係性を大切にすることです。

たくさん書きたいことはありますね。
日常ではAmazonを駆使している私ですが、リアル店舗の意味を示してくれたのが、代官山の蔦屋書店や二子玉川の蔦屋家電でした。それは、Amazonでは出会えない本や、自分にはない生活を提案してくれるからです。
この2店舗の混雑具合は半端ない。まさに生活者が求めていたと言わんばかりに、人が集まり、二子玉川に至っては、街の変貌振りにただ驚かされる。

これに気づいた小売・流通業者が、色々と仕掛けてくる2016年は、生活者にとっても、生活の転換期になるのではなかろうか?

追記
1点業界に対する希望は、こういう店舗は東京にしかできないので、早く他地域にも展開して頂きたいですね。
田添さんのいぢわるなコメントにいつも癒される。w 生活提案力とは何か?おそらく何十年とデパートの人間は考えて結局到達できてない。伊勢丹のバイヤー、故藤巻幸夫氏が会社を飛び出してそれをやろうとしていたと思う。伊勢丹新宿店はそれが出来ている。そこに行けば欲しいものが手にとって見ることができる。その体験が新鮮だった。しかし、三越と一緒になってシナジーは出てない。銀座三越に行けばわかる。伊勢丹新宿店とは違う。ことほど左様に企業文化の違う会社同士の合併は難しい。兎にも角にも、リアル店舗にワクワク感を与えるのは容易ではない。
追記)
田添さん、お察しします。w
経営学者の入山章栄さんが組織パフォーマンスを上げるコミュニケーションの在り方について、米イリノイ大学ホリングスヘッドの実験を紹介している。

34組の男女のカップルを3つのタイプに分け、共同作業をしてもらい、その成果を比較:(タイプ1)共同作業の際に、会話することも、互いの顔を見ることもできるカップル、(タイプ2)会話はできるが、互いの顔を見ることはできないカップル、(タイプ3)会話はできないが、互いの顔をみながら書面の交換によって意思疎通できるカップル。

結果は、(タイプ2)のパフォーマンスが最も低かった。「(2)互いの顔はみえないが、会話はできる」状態は、「(3)会話はできないが、顔をみながら文書交換できる」状態より、パフォーマンスは悪くなる。いっぽう(タイプ1)と(タイプ3)は大差なかった。「互いの顔が見える」ことが大事で、アイコンタクトをし、顔の表情を通じてのコミュニケーションが最も大事であることがわかった。
引用元:日経NBO http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130925/253852/?P=1

百貨店を含むリアル店舗の使命は何か。創造的に編集された商品(MD)がフレッシュでクールな魅力を発信していること。つまり、商品が顧客に「アイコンタクト」してくるような売場を創ること。それはリアル店舗でしか実現できない「体験型消費」のための素地だ。本記事で川島蓉子さんが強調する「直接性」と「即時性」とはそういう意味だと思う。
牧田さんやMr.チワワさんのコメントに加えると、記事にある「直接性」というのはコストに加えられる。実物を見て購買の意思決定をするからこそ、失敗するコストを避けられる。
一方で、失敗するというのは主観的なものでもある。比較をすれば失敗したと感じるかもしれないが、比較しなければ失敗を認識しないこともある。またクチコミも一杯あるので、擬似的な比較を、自分より詳しい人がしてくれている場合も多い。
Burberryは三陽商会との長くに亘った提携を切って直販体制になったのは記憶に新しい。高級品に関しては、接客に避けるコストもあるし、底含めてのブランド体験。また顧客としてもせっかくコストをかけるもので失敗したくないと思うので、直接性で回避できる失敗リスクを避けられる。生鮮も比較的その色は強い(コンビニの店舗密度は脅威だが)。でもそれ以外は、あまり説明できないと思う。特に消費活動をネットですることに関して抵抗がない世代にどんどんなっていくなかでは。
ファッション分野で言えば、リアル店舗はテクノロジーの融合が加速すると思われる。

海外では既に事例は多いが、スタートトゥデイのボタン型beaconやアーバンリサーチの仮装試着システムなど日本でも事例は増えている。

これらのテクノロジーは川上から川下まで利便性を高めるだけでなく、店頭での買物体験の向上にも一役買っている。VANQUISHなんかは早い段階でそこに気づき導入している。 www.team-lab.net/portfolio/hanger.html

オムニチャネルは大前提になり、リアル店舗とネットは既にシームレスになりつつある。当たり前だが差別化はいかに「買物体験を向上」させるかしかない。
本と書店との関係も全く同じで、直取引ならではの営業機会を生かして、その「編集力」を各店ごとにいかに提案していけるかが、今年の我が社の営業の主要テーマの一つです。
「生活提案力」大切ですよね。私は洋服を買う時は担当の店員さんが出勤している日に買いにいきます。今まで購入した服とのバランスやトレンドを含めてアドバイスしてくれるので普段自分で選ばない形や色にも挑戦したくなります。

商品にどれだけの付加価値を付けられるか。これからのリアル店舗の取り組みや発展が楽しみです^^
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。