新着Pick
105Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
【国際】北朝鮮の核実験の舞台裏、特に中朝関係についてよく分析された記事。今回の実験が水素爆弾であったか、原子爆弾であったかは未だに明らかになっていないし、今後も実証することが難しいだろうが、核実験を行ったということだけは事実であると受け止めた方が良い。

大雑把に言うと水爆と原爆の違いは、水爆が核融合を行うため比較的大きなエネルギーを必要とし、小型化に適しているのに対して、原爆は核分裂を行うため比較的小さなエネルギーですむが、小型化が難しいというもの。製造の難易度としては原爆よりも水爆の方が難しく、威力も原爆よりも水爆の方が高いとされる。

以前にも書いたが、核実験を行っただけでは単なる爆弾の開発に成功しただけであって、これを投下するための爆撃機や、運搬するための弾道ミサイルとの一体化が実現しなければ核兵器として運用することは不可能である。核実験やミサイル実験の実施に関する情報も重要であるが、核兵器の小型化がどこまで進んでいるのかという点も重要である。
北朝鮮に対する幻想は、もう一切もてなくなった。やはり対北朝鮮外交は安倍外交の中で大きな汚点となってしまったか。拉致被害者のことを思うとつらい。
 中国は、これで日本も核武装とかいいだすんじゃないかと、ものすごく気にしているようだったな。個人的には日本核武装反対派なんだが、確かに思わずそういう考えが頭をかすめてしまったわ。
北朝鮮はこのまま突っ走るのだろうか・・・?

早く瓦解して民主化してもらえないかなあ。

正直日本海側の県の経済がいまいちなのは北朝鮮の存在が大きいです。

北朝鮮が民主化すれば極東ロシア、北朝鮮、韓国、中国北東部、日本海側の県からなる経済圏が発展すると思うんだけどなあ。

日本の場合は北陸や新潟がその中心になる可能性が高い。
北朝鮮は核開発を絶対にあきらめることはない。核兵器を持てばアメリカなどの軍事攻撃で国家が破壊転覆されることはないと考えている。イラクがアメリカの軍事攻撃を受けたのは核兵器を持たなかったからだと北朝鮮は考えているだろう。だから我が国の安全保障は北朝鮮が核武装国家であることを前提に考えたほうが良い。核兵器はこれを使わなければ国家が消滅させられてしまうというところまで追い込まれない限りは使用されることはない。先に使えば国家の転覆が待っている。しかし核兵器を持っている国に対してはある程度なだめてかかるしかない。核兵器を使う事態まで追い込まないようにということだ。だからイランなども核保有を目指している。核兵器が一番使われやすいのは、地上に爆風、熱線、放射能による直接被害が及ばない上空で爆発させて、その電磁パルスによるEMP効果で地上の通信施設などの機能を破壊することであろう。人も死なないし、施設等の破壊も起きない。しかし携帯電話もスマホも使えない、銀行のATMも機能麻痺というようなことが起きる。目に見える物理的な破壊は生じないので国際的な非難もかわし易い。しかしこれをやられたら市民生活が大混乱に陥ることは確実だから、核兵器を上空ででも破裂させてもらっては困る。これが核兵器の脅威だから核武装国との戦争はできない。核兵器は現在のところ究極の戦争抑止兵器なのだ。今後レーザー砲、レールガンなど新たな兵器が実用化され、核兵器の破壊効果を防止できるようになるまでは、核兵器は戦略抑止兵器として使われる。それは原爆でも水爆でも違いはない。
北朝鮮問題の分析は、長期ウォッチャーが日々の微妙な変化をフォローしておこなうもの。情報がほぼ遮断されている対象を分析するには、僅かな変化を見つけるしかない。その意味で、高さんの記事は王道的な分析。

かつては、ソ連の政治分析は「クレムリン学」と呼ばれていた。クレムリンに旧ソビエト共産党の本部が置かれており、報道される幹部の立ち位置から序列を推測したり、失脚か昇進かを推し量る。北朝鮮分析はそういう手法がいまだに基本という国。
中国情勢の専門家から聞いた話によれば、北朝鮮の現体制が崩壊すれば、何百万人という北朝鮮国民が決死の覚悟で日本に向かい、難民化する可能性があるという。(中国やロシアは、撃ち殺すような強硬手段を厭わないため、その分韓国と日本に流れてくる)
現状、北朝鮮が中国と日韓の緩衝材になっている側面も否定できず、瓦解させるにしてもうまくやらないと、大混乱になるという話。
朝鮮半島は、南北の経済格差が激しすぎて「現体制崩壊→ガラガラポンのなし崩し的統一」は現実的に無理。(東西ドイツの統一時経済格差は、およそ6対1だったが、それでも統一ドイツは停滞した。南北の格差はその比ではないとされる。)

とすると、現体制継続を前提に、暴発しない程度に抑え込みながら、長い目での融和を目指すほかないのが現実かと。一足飛びの解はなさそう。
今般の北朝鮮が水爆実験に踏み切るまでの経緯がよくまとまっていて必読ですね。
”意外かもしれないが、米中と関係が悪化する一方で、北朝鮮はロシア、そしてシリアやイランなどとは、良好な関係を築いているのだ。今回の核実験を機に、核保有を含む自らの自主権を尊重する国家とだけ関係を築いていく可能性は十分にある。”
誤解を恐れずに言えば、国力総体を鑑みると北朝鮮単体ではそれほど脅威として捉える必要がないと私は考えています。ただ、ロシアや中東との協調関係が組まれるとこれは要警戒には違いないでしょう。ただ、幸いにして地政学上、分断されている位置にこれらの国があることは不幸中の幸い。今後最も脅威と考えねばならない事態は、北朝鮮と中国が協調関係を結ぶこと、さらにいえば北朝鮮と中国、そしてロシアに手を組まれると東アジアの地政学上のリスクは極大化するので、ここを見定めて未然に脅威をつくらない動きを政府にはしていただきたいです。
私の友人、高英起氏の記事。正直、あの国は、このまま放っておくのが賢明なのではないだろうか。
中国も北には内心腹立てているとは思いますが、核実験後も大々的な非難はしていないのが現実です。
核実験問題で朴大統領はオバマ大統領、安倍首相とは電話会談を行い厳しい制裁を加える事で意見は一致していますが、習主席との通話は実現出来ず、外交部長級レベルでのみ話し合いが行われました。その通話でも中国からは制裁という言葉は出なかったとの話です。

北朝鮮は貿易の9割は中国に依存する中で、制裁に中国が参加しなければ痛くも痒くもなさそうです。

では何故中国は毎回北を庇うのか?という疑問が出ますが、これについて専門家のコメントに期待します。
個人的にはアメリカとのパワーゲームのカードとして利用価値があるからだろうと推測するのですが。。。