新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IFTTTのレシピは全然知らなかった、ウェブサービスを簡単に連携させる面白いツール。入門的に読んでわかりやすかったので共有、こりゃ便利だわ。
http://hoomey.net/ifttt_study_1/
”大変革は期待しづらい年に”というのはその通りかもしれません。世界全体の経済情勢から考えても、とても飛躍の年になるような状況ではありませんから。
”フェイスブックがより重要なメディアへと進化していく1年になる”
フェイスブックについては、2015年の”写真や動画に加えて、ニュースやVRまでも最適化して、人々をフェイスブックの顔であるニュースフィード、あるいはフェイスブックのアプリ内に、より長時間とどめようとしている”という動きの延長線上にその成果が一定はあるのではと思います。
【日本で実現しているものを、明示的に「IoT」「スマート」と再定義して世界に問うアプローチ】
これを人はマーケティングメッセージの変更と言う。
量販店の家電売り場ではなくApple storeのIOTコーナーに並べてみる、とか。
「2016年に大変革は起きない」というのは、スマート化が一段落して、IoT、AI、ウェアラブル、ロボットという次の大変革ステージにさしかかり、本格化する離陸期だから。それは同時に、大きく動く時期でもある、ということだと思います。
恥ずかしながら、IFTTT(イフト)を知りませんでした。Googleで検索すると、たくさんヒットするIFTTTのレシピ。生活と仕事がどんどん変わっていくだろうと妄想してしまいました!
IFTTT、かれこれ2年くらい使ってるけど本当に便利。たまにレシピを漁って「これ!」ってのを見つけるのが趣味だったりします。

"日本で実現しているものを、明示的に「IoT」「スマート」と再定義して世界に問うアプローチを、日本企業は大真面目に考えてみても良いのではないか"とは言うものの、日本企業の場合「誰の何を解決するのか?」という視点が抜けて、「スマート化、IFTTTの化する」という手段が目的化してしまうことが多いので困ったものです。

スマート洗濯機、スマート炊飯器、スマートエアコンetc…悲しくなります。
AppleとMicrosoftは互いにいいとこどりはその通りだ。あと、数十秒から数秒の世界になるなら、ウォッチではまだ無理。グラスと音声入力が必要。
米のGAFAと中国のBAT、ここ2年ぐらいでここがぶつかり始める。
・GAFA:Google,Amazon,Facebook,Apple
・BAT:Baidu,Alibaba,Tencent
次のイノベーションがシリコンバレーで起きる前に日本企業は少なくとも追いつておかないと。
スマートホームが徐々に増えてくるかもなぁ
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。