新着Pick
463Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これが産業の新陳代謝でありましょう。
タクシー運転手の労働条件を気遣うフリして天下り先を確保しようとしている国交省は現実を見るべきです。
Uberをはじめとするシェアエコノミー系のビジネスモデルが悩ましいのは、国とか産業レベルでみると新たな成長を生み出さないところ。

シェアエコノミーは、今世の中にあるキャパシティを効率的に配分し、無駄をなくすことで、稼働率をあげて供給側のコストをマクロでみると下げるビジネスモデル。

効率化はもちろん事業機会としてはアリだが、直接的に成長にはつながらない。そして、手を変え品を変え絶え間ない効率化ののちには、価格勝負になり産業全体が疲弊する方向にドライブしてしまう。
タクシーを免許制にしたのは質の問題でしょう。白タクが昔はボッタクりまくってたから。でも相互評価ができるuberならむしろ免許制タクシーより質が良くなるはず。結果既存の業者が適応できなくて潰れるのは当たり前。
この記事中にも書いてあるが、ドライバーはUberやLyftが吸収していくので問題はないだろう。
しかしタクシーを免許制にしたのは理由があったはず。
今はそれが要らないのはなんでなんだろう?
シェアリングというが、プロのドライバーの専任なら、シェアリングではないですよね。単なるドライバーによる車持ち込み型のタクシー会社。シェアリングにするなら素人がやらないと。でもそうすると日本で言えば白タク。
結果免許要らないの?いるの?って話です。
airbnbの旅館業法も同じ。いらないなら無くすべきで、新しいから規制緩和って話はおかしい。
前に自動運転タクシーが記事になった時、メーカーの人から「これから労働人口が急速に減るから運転手が失業する心配はない」と説明されたけど、イノベーションってこういうことなんだよね。だからやるな!と言ってるのではなく、失業したタクシードライバーの受け皿もちゃんと考えるべきだと思うのです。自分が儲かれば、時の流れに乗れない人が失業しようと知ったこっちゃね〜、というのではいけないと思うのです。
どれだけ業界が反対しようと、顧客からの支持に圧倒的な差があれば、法規制しない限り勝てないですね。反対するだけでなく、良い所はしっかり取り入れないと化石になります。
いま、ちょうど、サンフランシスコ・ベイエリアにいます。
本日は午後から、Tesla本社工場へ。
今回の移動は、National Rent a car。

そもそも、ベイエリアはタクシーをつかまえるのが、大変。
SFOやSJCなど、空港にはいますが、街中は少ないので。
Uberは、通常タクシーの価格のざっくり6掛け。
タクシーは、淘汰されて、当然。
ただし、繰り返しますが、Uberのような「新しい交通」について、
社会全体でさらに深い議論が必要だと、痛感しております。
では、行ってきます。
川鍋さん、頑張って下さい!!
UBERのイノベーションにより、タクシー会社が倒産へ。健全な競争は良いことです。「健全」とは、妥当なプロセスでスマートレギュレーションが制定できていることです。タクシー会社のみ免許が必要で、規制されているのは、アンフェアな気がする。一方のUBERは、免許や規制の枠外に自由奔放に経営している。

何が「健全」で、どの様なレギュレーションが妥当かの判断が、早急に必要でしょう。
健全な新陳代謝。まさに石橋湛山的な。