新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それほど詳しくはないのですが、アメリカンフットボールでは脳震盪にたいして次の3つの考えを元に対策がとられているように感じます。

①脳震盪を起こさせないようにルールを改正する。

②脳震盪を起こさせないような技術を啓蒙する。

③脳震盪を起こした選手の復帰までの処置を厳しく管理する。


①は、ボールをとった直後の無防備な選手への頭部への接触を禁止したり、キックオフでの助走距離を短くして激しい接触を減らしたりしました。



②は簡単に言うと、頭からだけではぶつかりに行かないということです。



③について、脳震盪で最も気を付けないといけないのはセカンドインパクト(エヴァじゃないですよ)です。

脳震盪の症状が消えないうちにもう一度脳震盪を起こすと、重度の障害が残る可能性が高くなり、最悪の場合死にます。

脳震盪を起こした場合、その直後にどの程度の症状かコンピューターでのテストや身体操作などで診断します。

その結果によって1週間や1ヶ月など、完全安静の期間が決まります。



注意点として、脳震盪は防具では防げない、ということです。

よく鍋の中の豆腐と例えられるのですが、どんなに鍋を強くしても、衝撃を与えたら中の豆腐は崩れてしまうように、ヘルメットを強くしても(ある程度の効果はありますが。)脳みそは激しい揺れには耐えられないのです。

なので簡単に言いましたが、②が一番重要だと思います。
僕はバレーボールをやっていましたが、ネット競技は相手との接触がないので、個人的には頭部への打撃系とは無縁でした。とはいえ、ボールを夢中で追いかけて、チームメイトと接触したり、ポールに激突したりはよくあるので、どんな競技でも他人事では無いように思います。
記事や高橋さんのコメントに書かれていますが、アメフトなんかは相当危ないプレーに対してのペナルティを課していますよね。審判も人数たくさんいますし。そういう仕組み作りは大事ですね
米国サッカーでは10歳以外がヘディング禁止とは驚いた。逆に言えば、そこまで徹底している国があると知っておく必要があるな、と。
サッカーは特に、キーパーとフォワードの接触、またロングボールをめぐって、ディフェンダーとフォワードの競り合いなどで、脳震盪になりかねないプレーが多いように思いますし、実際、脳震盪までいかなくとも、接触で頭部出血は少なくない。
そんななかで、「ヘディング禁止」まで踏み込んでやってるとは。
むしろ、日本はヘディングしないと怒られる
格闘技は脳震盪に対しての知識はあるのですよね。何故ならば脳震盪を起こす事が目的の競技だから。
怪我や不調をおして頑張る選手に心打たれるという感情と現実のリスクに対する意識のギャップは個人では埋め難いですね…。
試合のパフォーマンスと比べ、安全性の優先順位はそこまで高くなかったですが、人体への影響を考えるとこの流れは世界へゆっくりと浸透していきそうですね。
あとは制限されるプレーに対して、スポーツとしての公平性、ルール変更、場の臨場感などいかにしてファンを楽しませることができるかにも注目です。
この連載について
世界最大のスポーツ大国であるアメリカは、収益、人気、ビジネスモデル、トレーニング理論など、スポーツにまつわるあらゆる領域で最先端を走っている。そんなアメリカスポーツの最新事情についてレポートする。