新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ノンアルジャンルにおいて、朝日とさんリーの関係性は下記の通り。
「アサヒとサントリーの間では、ノンアルビールの製造特許をめぐる訴訟も続いている。特許権を侵害されたと訴えたサントリーが10月、東京地裁で敗訴し、判決を不服として知財高裁に控訴した。」
その中で、サントリー広報部の
両社の主力商品だけを比べると、「オールフリー」が「ドライゼロ」を上回っているといい、「ナンバーワンブランドとしてPRを続ける」
というのは両社のライバル意識の強さを強く感じる。
飲料は、店頭でパッケージを見て衝動的に選ばれることが多く、ビール感を出したアサヒと、ビール感を出さないサントリーのパッケージで今のところ、「ビール感を出してノンアルコールです」の訴求がうまくいきつつあるんでしょうか。勝ちパターンが見えてないカテゴリで、消費者側も模索中だと思うので、今後の展開が楽しみです。
これは皆さんと同じ感想ですが、ノンアルと言えばドライゼロだと思います。ビールに非常に近い味。本当は飲めるのに宴席で車で帰宅するためにやむを得なくノンアルを飲まれる方にはいい商品だと思います。アサヒのドライと見間違えそうなラベルもgoodだと思います。
ノンアルコールビールって、普通のビール以上に銘柄間の差が無いように思う。
しかしこの業界はいつまで「ケース」で数えるんですかね。単価が違うのに比較になってない。また、ブランド単位の一位ならまだしも、会社単位での数量のトップ争いにどれだけの意味があるのか不明。中の人のプライド、やる気くらいな気がします
ちなみに日本酒の業界は「石高」で数えるときいて「何時代だよ」と思った記憶もあります
いろいろな視点があると思うけれど、飲酒量は加齢とともに減少する。つまり30年前に発売されたスーパードライのファン(団塊世代多い)がノンアルに移行している可能性もあるだろう。実際にスーパードライ自体は減少傾向なので、そういう推測も可能かと。
健全な競争を保つことは消費者利益にかなう。ビジネスなのだから訴訟もあるでしょうが、良きライバルであってほしい。
あんまり飲まないけど、飲むならノンアルはアサヒが好き。だけどビールはプレモル、つまりサントリーが好きかな。
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア
アサヒビール株式会社(英語: Asahi Breweries, Ltd.)は、日本の大手ビールメーカーで、 アサヒグループホールディングス株式会社傘下の子会社である。 ウィキペディア