新着Pick
564Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
う〜む。良いこと書いてあるみたいなんだけど、オレには意味不明の単語が多すぎて理解できなかった。オッちゃんにも分かるように横文字減らしてくれ〜。(T . T)
過去スタートアップ業界と大企業がこれほど同じテーマで接点を持ったことはなく、伝統的既存産業こそがデジタル化している地響きを感じます。企業トップが持つ今回の危機意識の高さは多くの社員の変化を促すはずです。
「変化する日本の大企業」というタイトルに引っかかってしまいました。
本文では「再生する」に止まっており、その認識が正しいと思います。

そー簡単に体質が変わらないのが日本の大企業ですから。
大企業再生の根拠がわからない。正直厳しいと思う。ITを駆使して既存ビジネスモデルを変革することは簡単ではない。スマホも使えないトップにやれと言っても無理だろう。せいぜい社内ベンチャーか、スピンアウトしたエンジニアが新サービスを立ち上げるのが関の山だかと。そうした新ビジネスにカネがつくようにしなければ、日本経済に変化は訪れない。じゃぶじゃぶ余っているカネをどう使うか、金融機関の責務は大きい。
大切なのは概念にいかに縛られずに生きられるか。新しいビジネスも大企業の変革もそれをイノベーションと呼ばれる域まで持って行きたいなら、既存の枠組みに縛られないことにつきる。もはや、一次産業や二次産業とか、第何時革命とかの枠組みで整理して考える時点で、クリエーターとしては終わってる。あ、この記事は整理されていてとてもわかりやすい。が、もし、あなたがプレーヤーならば、整理のためのフレームワークを使って新しいことを考えるのを今すぐやめるべきだ。
大企業が新しいことをやり切るためには、中にどれだけ好奇心と行動力に長けた変革人材がいて、それを自由にやらせきる経営者がいるかが全て。どちらか1つでも上手くいかない。自然体だと1割もないかも知れないけど、この割合を格段とあげることはウチのミッションの一つ。巨像が一旦変わりだしたらインパクトありますからね。
変革屋の感覚でいうと、それなりに大きなポテンシャルあると思います。異業種で組むとか、えー、と思うようなコラボが加速するイメージもありますし。大企業、意外にこれから面白いと思いますよ。
第4次産業という分類か。。。
既存産業のデジタル化効果は既存産業分類でいいんだよね?

であれば、シェアエコノミーのようなものを「スマートにネットワーク化されロボティクスやアナリティクスと融合し人間一人ひとりにマス・カスタマイゼーション化された産業」と定義するのであれば、別分類にするのはあるかもね。
原価低減を続けてきた層が新価値を生む働き方をするのは難しいし、そういう風土でそういう仕事を学んできた若手が新価値を創造するのも難しい。
そこをどう変えるか?という話があって、「大企業の再生が始まる」という結論に繋がらないと難しいです。
なんか「勢いの良いことが書いてあるんだなぁ」くらいにしか理解できなかった。横文字多過ぎ。
しかしインテリジェント化された「農業」は、後進国で比率が高いとされる第1次産業としてこれからも分類され続けるべきだろうか?

→いいのではないのでしょうか・・・?

「労働集約的で属人的な従来の工場」や「教育」「医療」あるいは「コンサルティング業界」と、「スマートにネットワーク化されロボティクスやアナリティクスと融合し人間一人ひとりにマス・カスタマイゼーション化された産業」とを同一分類するのは、経済の成熟度を表す分類として正しいとは考えにくい。

→第○次産業は経済の成熟度を表す分類ではないのでは・・・?
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。