新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
進歩してほしい分野のひとつで、できれば日本がリードしてほしいので、ぜひがんばっていただきたいですし、政府には、しっかりと予算をつけていただきたいです。
個人的なことだけど、先天的な身体障害児を持ち、自分も網膜剥離を経験した身としては、再生医療は希望の星。きっと待っている親子は多いだろう。
どんどん進めてほしいが進みはまだまだのろい
心筋シートを心臓に貼ると、弱った心臓の動きが補強されます。通常、足の筋肉をシートの材料にします。iPSだと足を切り開かなくていいのが利点です。
これでまた一歩前進。2017年度から治験、そして2020年には販売開始へ。楽しみです。
シート状に作れる部位からファブリケーションされて行くのか.なるほど.
iPS細胞は「人工多能性幹細胞」とも言われ、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞のように多くの細胞に分化できる。分裂増殖機能をもっているので、iPS細胞がよく再生医療の分野に応用されている。
日本経済産業省の調査によると、再生医療に関連する装置、消耗品やサービス類などの市場規模において、2020年に日本市場が950億円で、世界市場が1.1兆円になる。また、2050年には、日本市場が1.3兆円、世界市場が15兆円と予測している。

再生医療の関連事業者(代表的な日本企業)
培地:タカラバイオ
試薬:住友ベークライト、オリンパス、ニッピ、和光純薬工業
細胞培養装置:川崎重工業、旭化成、日立製作所、メディネット、セルシード、丸菱バイオエンジ、カネカなど
インキューベータ:パナソニックヘルスケア
製薬・創薬:武田薬品、大塚製薬、日本製薬、アステラスなど
医療材料:富士フィルム、大日本印刷、旭化成など
 特に日本市場では今年の動きが激しい。製薬企業やバイオ医薬ベンチャーが相次ぎ投資をしている。精密機器メーカーや化学メーカーなども参入している。2015年3月に、富士フィルムが世界大手の米セルラー・ダイナミクス・インターナショナル(CDI、iPS細胞の開発と製造)を買収した。4月に武田薬品工業が京都大学iPS細胞研究所と共同研究契約を締結した。オリンパスも新規事業として再生医療に注力している。
脳梗塞で片マヒになったデイサービスのお客さんらからは期待しかありません!
後は費用と出来るまで自身が生きているかの時間が気になるようです。
これからの治験に期待してます!