新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今朝の日経を読まれた方はぜひこちらもどうぞ。

追記;ここまでをみると、「のれん」が主因かどうかは別にして一悶着あった企業が並んでいることがわかる。プチ自画自賛です。すみません。(20160326)
非IFRS企業で、バランスシートが小さくて、キャッシュフローがしっかり出ている会社を買収しようとする。すると、物凄く健全な企業なのに、のれん償却に耐えられないから、買収しませんという結論が出た…

会計制度とはいえ、正しい経営判断を妨げる会計基準とは如何なものかと思った。買収する企業は、IFRS使うのに納得。
最初は、暖簾でM&A指向が変わるかと思って、この表中にも出ている企業のトップにも聞いたが、そんなことはない。むしろ、IFRS導入前に思い切って落としている。

東芝では5月の最初の説明会で、私が聞いたのが、IFRS導入をきめたので、暖簾減損で修正ではないか!

暖簾を減損する場合、被買収会社の少数株主分については、いろいろ議論があるときく(東芝でも関係する)。

IFRS導入で、むしろ多くの日本企業に辛いには、特損がOPになって、OPをかさ上げできないことと、B/Sだろう。

電機精密関連で、まじめにやると、腐った持ち分法子会社が多く、いきなり債務超過が出るのもあるとみている。

私の2016年のエレキの展望でもIFRSをキーワードで入れているが、これとガバナンスコード、委員会制度など、は、けっこう重要で会社や経営を変えると思う。

今回の2016年を読む、という中で、本来は、こうした制度面(会計、会社法、委員会、など)の変化が経営戦略にどう影響するかを論じるのがあってもよかった。

そもそも、米でのコングロマリットがはやったのは独禁法強化だし、金融でのクリスディーガル法など、重要だ。ピッカーでも、識者が多いのに。

IFRSでは、
「のれん」という言葉は、無味乾燥な会計用語の中で、数少ないぬくもりを感じる言葉ですよね。Goodwillの訳語を、「のれん」としたのは誰なのでしょうか?福沢諭吉でしょうか?
のれんにはホントにくるしめられた。。。
パッと数字を見ると想定通りソフトバンク、電通、武田、JTなど。
日本基準であっても、EVITDAで見ないとダメですね。キャッシュフロー生成力がわからない。
在外子会社は従来からUS GAAPやIFRSベースだったので、のれんは非償却だったのでは?と思ったりしたけど、敢えて海外のGAAPを日本基準にGAAP修正することもあるので、まぁ良しとしよう。むしろ、IFRS上場がこれから増えるような気がします。上場前にでっかい企業買収をして、多額の暖簾を償却しない、という。

結局買収した会社の業績が悪ければ、超過収益力と言われている高値掴み分が一気に減損になる。いわゆる投資の失敗として経営責任の問題に発展します。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
94.6 兆円

業績

ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.39 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.87 兆円

業績