新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「エントリーシートには主に学生時代に何をやっていたかを書いてもらいます。志望動機については、2年ほど前から記入してもらうのを止めました。長い時間考えて記入してもらっても、文面上はそれぞれ一定のスタイルが出来上がっており、ここの部分ではあまり差がつかないと判断したからです。志望動機も大事な要素ではありますが、力んで書いた志望動機よりも、人柄などの評価に労力を多く振り向けたいと考えています。」
➡志望理由では差がつかないということなのですね。なるほどです。私が就活する学生なら本当に伝えたい志望動機があるなら、可能であればエントリーシートなければ面接でちゃんと伝えられるよう自分なりに工夫すると思います。志望動機=御社じゃなきゃいけない理由だと思います。そこに力点を置いている人もいると思います。勿論その人の人となりが一番大切だと思います。そこを見るのに時間をかけて貰えるのは就活する側にとっては嬉しいお話ですね。

「当時の記憶が鮮明で、一生懸命に生きてきた時期や出来事、感情の起伏、その推移など、その話しぶりから人間としての濃さが見えてきたりするものです。」
➡就活生でなくも参考になるお話。人間としての濃さ。深めたいですね(^o^)/
就活生がむやみやたらと力んでしまう質問ナンバーワンが志望動機。大企業だと社員ですら他部門のことはわからず会社全体を把握しきれていないのに、新卒就活生に書かせるのは酷ですよね。他にも質問はなんぼでもある。
志望動機を聞くのは形骸化して無意味というのは同意ですね。その会社に学生がどれだけ強い関心があるかを測るには、学生に質問をしてもらうのが有効ではないでしょうか。いきなり「何か聞きたいことはありますか?」と聞かれると面喰らうかもしれませんが、志望の度合いが高ければその会社のことを色々と調べているはずで、聞きたいことは山ほどあるはず。熱意の表れを見るのも工夫次第ですね。
書かせても意味ない、と思っても、茶番をやめるのは難しいので英断だと思います。「お給料高い」は就活で言ってはいけないのでしょうか。出版社時代、OG訪問を受けた中で「一人ぐらしなので、初任給が高い会社がいい」と言った大学生に好印象を持ったのですが…
そもそも多くの企業が志望動機を書かせる理由は見極めのためではないです。

最低限何も知らない学生に受けてほしくないという気持ちもあるでしょうが、最も大事なのは動機付け。志望動機を書かなきゃいけないとなると、その会社のことを沢山調べるし競合との違いや優位性を自分で勉強する。
人事が「うちの会社すげーんだよ」というよりも、自分で調べる中で見つけた情報によって勝手に好きになる。こっちの方が効果的なのだ。

サブリミナル効果みたいなので、僕は好きじゃないので志望動機は聞かないようにしています。
後輩達に面接の肝はなんですか?と聞かれたら、志望動機を聞くな、と答えてる。
新卒はなんも言うことないから志望動機あってもよいけど、中途で志望動機はいらない。「どこで戦力になれるのか」が重要で理由は価値観でそれぞれ
まあ言っていることは分かりますが、新卒採用という意味不明なやり方なら志望動機は聞いても良いかと。実際に志望度が高いことを確かめるより、動機を書く過程が個性は出る。分析の仕方とか思考の繋げ方とか、ですね。
東京海上日動火災保険株式会社(とうきょうかいじょうにちどうかさいほけん、英称:Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co., Ltd.)は、日本の損害保険会社で東京海上ホールディングス(株) 傘下の完全子会社である。 ウィキペディア

業績