新着Pick
1084Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
石田衣良さんとの対談、ためになりました。頭の中が整理できちゃう対談は大好物ですよ。
すごくタメになる対談。読者にサービスを提供するっていう考え方、重要。
後半は有料で読めないけど公開部分だけで滅茶苦茶面白い。小説家をビジネスとして捉えると、事業特性としてアーティストのライブや漫画のキャラクタービジネスのような派生収入が作りにくいというのがあるという分析。そんな中で最大の問題は、読み手と紐付いていないことで、ファンであっても新刊の存在を知れないことで、最低限のリピーターを確保するCRMが欠落しているとの指摘。確かに石田氏が指摘する、作家より作品にファンが付くようになったという現象も今の時勢を反映する真実なんでしょうが、そもそも作家に紐付ける努力が決定的に足りてないのも真実なんでしょうね
余談でホリエモン氏が語ってる「お金」と「個人の信用」の話も面白いですしよくわかる気がしました
読者との繋がりのなさ→一方通行であるという点が出版業の最大の問題なのですね!
確かに、双方向性のあるSNSは大流行しています。

メルマガ以外でも「双方向性」というか「つながり」を出す方法を考えると面白いですね。
佐渡島さんの言う通り、為になる対談。特にデジタル時代においては、コンテンツを売るという発想ではなく、サービスを提供するという考えはとても共感します。
面白いです。占部さんの言う通り「公開部分だけでメチャクチャ面白い」。無料でこの内容&深さの記事が読める今、雑誌が売れないのも分かります。雑誌記事の方が短いし、エッジが削られちゃうし、取材から記事公開までの時間が長い。

出版出身としては、この対談原稿の構成をどういう人がいくらでやるのか、気になる。報酬が雑誌並なら、ある程度以上できる人は、紙からウェブに移動すればいい。できない人は淘汰。産業構造が変化する際、どこでも起きていることです。

石田さんのお話からは、人の移動で解決できない変化が起きてることがうかがえる。
全くの同感。本屋は、イノベーションの宝庫です。同じ風が吹いても、西に向かうか東に向かうかは、帆の立て方次第。
この対談、タメになる。堀江さんが新刊で言っていたとおり、GIVE GIVE GIVEが大切。
プロの小説家です。
作家には派生収入が得にくいというのはその通りですが、普通の顔したおっさんやおばはんに、どれだけ思い入れてもらえるかは難しい課題です。
ただ努力を放棄するのは簡単なので、何らかの形で読者との間につながりを持とうとしています。
とくに新作情報を伝えきれていないというのは、大きな課題で、自分のホームページやブログだけでは難しいのが現状です。
読者との親和性を高める鍵が、近くに転がっているような気もします。
おもしろかったです。。生意気ですが、理論との付き合い方に似ているように思いました。
>>与えられた器の中で「これをしよう」と考えるんじゃなくて、そもそもの器にどんな意味があるのかを定義しなおして、それに合わせて中身を作っていく。そこが大事なんだろうなぁ。今の出版界に一番足りないのはそこなんだろうと思う。