新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
介護事業を1年で撤退した事を「決断力がある」とお褒め頂く事もあるのですが、、、正直、メチャ辛かったです(涙)

ビジネスモデル的に外してしまった事を何となく気づいてはいたのですが、、、運営力でカバーせねばと思い、自分でも営業を重ねました。ケアマネージャーさん達の拠点を回って見学に来てください、とお願いするのですが、アポが取れないし、訪問しても会ってくれなかったり。ベタなドブ板営業、しかも11月に始めたのでメチャ寒くて、、、雪の中午前中で5-6件訪問した後、施設のあった高島平近くの四つ葉という所にできたコメダコーヒーの、ミルクコーヒーの温かさが忘れられません(涙)

自分も頑張りましたが、営業責任者にも、運営責任者にも、プレッシャーをかけすぎてどちらも最後は体調不良で入院、、、撤退を発表した時には、「黒字にならないからって1年で辞めるなんて、どういうつもりで介護を始めたんですか?」「信じてついてきたのに!」と、新しく採用した現場の約10名の介護職員さん達になじられたのがキツかったです、特に一番若くて前向きなので仲よかった女の子にもののしられた時には(涙)

今、振り返って思うこと。それは、「もっと外部から人を採るんだった(汗)」。

何せ入社以来10年間、人は減らせど増やしてきませんでした。タクシー乗務員は約7000名おりますので維持するだけでも年間600-700名は採用してきましたが、本社スタッフなど間接部門を増やす、という概念がなくて、、、

介護事業は、プロジェクトの中心の3名は全員、元タクシー運転手。元気よく実践力があるので職員に抜擢された優秀なメンバーなのですが、それはタクシー会社の職員として優秀なのであって、もちろん新規事業を立ち上げたこともなければ、ましてや介護事業は「母親が関わってます」という程度。ビジネスモデル的な失敗だとは気づいていたのですが、今思えば数人は介護事業立ち上げ経験のある人材を探せば、成功の確率は高まったかもしれません。

この失敗を活かして、「全国タクシー」のアプリの開発・運営には、ガンガン新しいメンバーを採用しています!
【第11話】川鍋一朗さんの結婚式の写真を公開。まさに華麗なる一族です。「妻の父は参議院議員の中曽根弘文、祖父は元総理の中曽根康弘」。
「打席に立つ回数を増やすことが重要」その通りだなと思います。いくら良いアイデアがあっても、やってみなければどうなるか分からない。

この連載を通じて、川鍋さんのお人柄を知ることだけではなく、ビジネスの基本を再認識させて頂く貴重な機会を頂いてると感じます。
CCCの増田さんから「もっと攻めてもいいんじゃない」と言われて発奮したとのこと。前向きな姿勢は、アンテナの感度を高めます。日本交通の配車アプリは、よく出来ています。
川鍋さんコメントの介護事業の失敗談がさらに面白いですね。
ここまで拝見していて、「素直さ」がとても印象的です。「攻めたほうがいい」と言われて、一気に3つも事業を立ち上げてしまうとこも素直でまっすぐだと思いますし、失敗を素直に認めてダメだったところもちゃんと語れる素直さは育ちの良さからくるのか、性格なのか分からないですがとても魅力的なキャラクターになってる気がします
CCCの増田社長。まさに、昨日の佐山先生との奇跡の授業で堀江さんがお話されていましたね! 堀江さんが名前を挙げられた石田宏樹さんを引き抜きた方。こういう関連しない他の記事やニュースとリンクされることができるのが、NPの素晴らしいところ。

やはり優秀な方は優秀な人との話題に出てくるということですね。勉強になります。

介護事業もされてみえたのですね。介護タクシーは地方では需要があります。介護施設の人手不足も大きな課題なので、送迎の一部や全部を請け負うなど出来れば助かる事業所さんもありそうだなぁと想像しました。
ご結婚のお話以上に「オーソドックスな経営から攻めの経営にシフト」された話が面白かった。一撃必殺ではなく、二の矢三の矢を用意しておくことで、前向きに失敗ができる。
---
"ひとつはテクノロジー、もうひとつはサービス向上、加えてまったく新しい分野と、一度に立ち上げるにはちょっと多すぎだと思う方がいるかもしれません。しかし、球を打つなら、たくさん打った方がいい。一撃必殺で狙いを定めると、それだけ、失敗した時のダメージも大きくなります。

よく講演でも同じ話をしますが、プロジェクトを始める際には5つ、6つと同時にやった方がいい。打席に立つ回数を増やすことが重要なんです。だから、それぞれけっこう重かったんですけれど、頑張って3つ同時にスタートしました。"
再生企業は当然のことを徹底的にやるだけで大きく改善する。しかしそれだけでは成長は限定的だし永続しない。当然のことを粛々と行うフェイズから、会社の新しい未来を創るフェイズへの移行。従来の延長線上ではない新しい成長の道を創る、それを通じて会社の有り様を変化させる。変化し続けるからこそ会社は生き残ることができ、より大きな成長を実現できる。これは会社では経営者にしか出来ない、経営者がやるべき最も重要な役割。これが出来ないと一流の経営者とは呼べない。

私はようやくこのフェイズに足を踏み入れた段階。川鍋さんの話は大いに参考にさせて頂きたい。新規事業は複数同時で進めたほうが良いというのは納得。ユニクロ柳井さんですら「一勝九敗」なのだから、徹底的に考えつつも、考え過ぎずにまずはバットを振りに行くべき。失敗してもそれで会社が潰れなければ大丈夫。
規制業種だけに政治家とのパイプは重要。だからこそ、普通はそこは公言しないところを敢えてインタビューで、しかも見出しで出してくる。ヒジョーに攻めているすごい大人インタビュー。役所や規制と戦ったクロネコヤマト小倉社長とはまた違う戦略。
いいね、泥臭くて
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。