【佐藤航陽】読書もビジネスも“仮説検証”の手段

2016/1/4
6人目は、メタップス社長の佐藤航陽氏。人工知能(AI)からフィンテックまで、時代の最先端を走り続ける佐藤氏が、自身の思想をかたちづくった古今東西の書を語る。
読む時期と読まない時期を分ける
本の情報は、あくまで仮説を立て、自分の仮説が間違っていないかを検証するための一部なので、本を読むことと実際に試してみることは、私の中ではワンセットです。