新着Pick
526Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
借りたカネを期日までに返すのは当たり前のこと。それをわかった上で敢えて言うが、この『奨学金問題』は、借りた側だけを一方的に責めることはできないと思う。

悪質な返済逃れは許されないが、経済社会情勢の大きな変化など政策的な容認をできる場合には、相当程度の返済猶予又は返済放棄を新たにルール化すべきだ。

また、貸付から給付への全面移行も含め、奨学金制度を修正していく必要があるだろう。

若い現役世代が借りたカネを返せない時代になっているからだ。
奨学金という名前が実態とかけ離れているから、学費ローンとした方がいいのでは。
返還を約束した以上、約束を守らない人たちに同情の余地はありません。
「約束を守る」というのは、人間としての最低限のルールですから。
奨学金という名称に「甘え」を感じていたとしたら、それは大きな間違いです。

給付型の奨学金を創設すべきであるというのは大賛成ですが、あくまで立法論です。
現行制度を承知の上で利用している以上、訴訟の増加はやむを得ないことでしょう。
私の場合、先般、奨学金を返し終えましたが、奨学金がなければ大学進学もなかったし、現在もありませんでした。
奨学金は「借りるもの」なので、奨学金制度がちゃんと成り立つようしっかりと回収はすべきですし、月々2万円を細く長く返済したので、それほど無理も多くないと思います。恩がある制度なので、本当に感謝しています。
親御さんのご協力や返済猶予延長など含め、きちんと返済できる方法を考え、制度の「悪」を必要以上に問題視しない方向に進むことを願います。
無担保、全期間固定金利(0.6-0.8%程度)、期間20年程度(期間は調達額による)の条件は、学資ローンとしてとても優遇された貸付けだと思います。

なお、日本学生支援機構のウェブサイトにおける「奨学金とは」というページを見たら、「奨学金は、学生が自立して学ぶことを支援するために、学生本人に貸与し、卒業後、学生本人が返還していくものです。」と赤字ボールドで分かりやすく書いてありました。
http://www.jasso.go.jp/houmon_menu/saiyou_01.html

また、同ページには「奨学生が卒業後に返還するお金が、次の世代の奨学金として使われます。日本学生支援機構の奨学金は、先輩から後輩へとリレーされていくものです。」ともあります。財源は無限にある訳ではないので、仮に奨学金(学資ローン)の大宗を給付型にすると多くの方が就学の機会を失います
たしかに借りたお金は返さないといけないというのは大原則ですが、その一方で大学を卒業しても返済できない喫緊の状態にある方が少なくないのも事実でしょうし、借りた側だけの問題として済ませるのも違和感がありますね。私自身、幸いにして無利息で借りれましたが、奨学金で大学に行き返済していたので、他人事とは思えません。しかし、本当に困っている層とは別に一定数は甘えがあってというところもあるでしょう。万が一就職できないないしはできても低所得が継続する可能性を考えたら、学生時代からバイトなどである程度返済する準備は必要ではないでしょうか。私がそうしていたからそうしろと言うつもりはありませんが、何事も転ばぬ先の杖を用意しておくに越したことはないのでは?
社会契約なので返すのが当たり前。僕は返しました。当然ですけど。返せない場合にしてもルールに則ってことを進めるべき。世の中というのはそういうものなのです。
借りたものは返しましょう。
期限の利益を喪失した債務は、全額支払うのが当たり前です。仕方ない。
日本学生支援機構が行っている奨学金貸与事業については、無利子の第1種、有利子の第2種があるが、第2種は学生ローンと実態は変わらず、「奨学金」を名乗るに値しない。第2種については、第1種へ統合されることが望ましい。

日本学生支援機構のホームページによると、2013年度の延滞者は常勤社員となっている割合が低く、非正規社員や無職・失業中となっている者のウェイトが無延滞者と比べて高い。収入についても、無延滞者のボリュームゾーンが年収200〜300万円なのに対し、延滞者のそれは100〜200万円になっている。また、返済猶予制度については知らない、あるいは通算60か月の猶予期間を使い果たしているなどの特徴もある。

貸与型奨学金については、返済義務があり「返さない」確信犯は問題だ。ただ「返せない」人間をどうするかを考えるべきだろう。
新着記事一覧
ポケモン、『ポケモンスクランブルSP』Android版を配信開始 未知の島を舞台にしたぶっとばしACTゲーム
Social Game Info
2Picks

新たな多様性の定義とは!? Z世代と語り合うこれからのリーダーシップ論
IBM THINK Business
2Picks

ビートたけしから教わったユーモアの本質 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

2020年の私大入試、早慶など難関校避ける傾向強まる? 「浪人すると21年の入試改革の対策求められる“後がない入試”」 - キャリコネニュース
BLOGOS - 最新記事
3Picks

ビートたけしから教わったユーモアの本質 - 真面目にふざければ英語力も上がる
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks

若い女性にモテるオジサンの6つの共通点 - オウム返しに専念し、身を乗り出す
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

「社会人デビューは30歳からでいい」 転職相談のプロが想う“令和時代のキャリア論” - NewsInsight
BLOGOS - 最新記事
3Picks

労政審の樋口会長が退任 統計不正の調査巡り批判も
朝日新聞デジタル
2Picks

あなたが頼んだからやったんですよ! - NewsInsight
BLOGOS - 最新記事
2Picks

「オンラインサロンは令和時代の実験場」いま堀江貴文が考えていること - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
2Picks