年末年始企画バナー_20151217.001
ベンチャーキャピタリスト。グロービス・キャピタル・パートナーズで、コンシューマ・インターネット領域の投資を担当。戦略コンサルティングファーム、ハーバードMBAを経てグロービスに参画。

ベンチャーキャピタリスト。グロービス・キャピタル・パートナーズで、コンシューマ・インターネット領域の投資を担当。戦略コンサルティングファーム、ハーバードMBAを経てグロービスに参画

予測の3つのポイント

・スマホ最適化のテーマは残り少なくなってくるが、「6 Tech」に代表されるような新しく大きなテーマも数多く勃興してきていている。

・ネットがリアルを変える大きなテーマを扱う場合は、その業界を知り尽くし、泥臭く事業開発やオペレーションを回せるか人がいるかが重要。ベテランの起業家・経営者にとってチャンスと言える。

・マクロ環境を見ると、手放しで楽観視できた2015年と異なり、2016年はリスク含みと言える。経営者は今まで以上に、外部環境の変化にアンテナを立てて、慎重な舵とりが求められる1年となる。

IPO企業数92社、活況の2015年

2015年は日本経済全体にとっても、スタートアップ業界にとっても素晴らしい一年だった。日経平均は、6月には年初来高値2万952円を記録し、リーマン・ショック前の水準を超え、2009年には19社と鳴りを潜めていたIPO数も、2015年は92社にのぼる見込みだ。

ベンチャーキャピタル(VC)国内投資額も、2011年度(2011年4月〜2012年3月)の505億円から、2014年度年3月には740億円にまで拡大している。スタートアップにとって、2016年も引き続き、良い流れの始まりとなるだろう。