新着Pick
1068Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2016大予測寄稿ー"変化"と"リスク"含みの中、"チャンス"と"ピンチ"はコインの裏表といったところだろうか。

短期的に事業機会/投資テーマ、マクロを予測することは、鬼が笑う系の話で、当たるも八卦当たらぬも八卦だと思っている。

一方で、経営にとっても、投資にとっても、大事なのは短期的に“2016年”の予測を当てにいくことではなく、大きな方向感を見失わないことだと思う。と、言う意味では本稿で言いたかったのは、この先1、2年の大きな方向感からすると、事業機会/投資テーマ、マクロともに変局点に差しかかるだろうということだ。2016年はまだ顕在化していないものの、"変化"と"リスク"含みとなりそうだ。

変化に伴う機会を逃さないためによく言われるのは、“誰よりも早く波に乗るためには、波が起きた時には沖にいなければいけない”ということだ。スタートアップの、起業家側であれ、投資家側であれ、テーマ選定が入口としてかなり重要だ。その際、早すぎず遅すぎず、半歩だけ先に取り組むのが肝だ。その“先に”のさじ加減が難し
く、変化の時間軸とそれにともなう機会顕在化の時間軸と、自分たちが許容できる時間軸とフィットしているかを意識することが有効だと思う。

いずれにせよ、今まで以上にアンテナを高くし、経営者の仕事として“バラ色の夢を語り、最悪に備える”ことが重要になるだろう。

〜〜〜
既に各所で2016年を占う系の鋭い記事が出てる中、結構ネタが出つくし感があり苦しいですが、、入稿は去年でしたということで 笑
一般消費者向けのウェブサービスによく見られるような、目先の売上よりも顧客開拓を優先する先行投資型のビジネスは、投資家に生命維持装置を握られている状態とも言えます。追加の資金調達が成功しなかった時点でゲームオーバーですから。
債務超過の企業は「債権者支配」ですが、こういった会社は創業者の持分比率が高くても、実質的には「投資家支配」と言えるのかもしれません。
綱渡りでスケールするビジネスを目指すのも一つのやり方ですし、急激な成長を目指すうえでは有効なアプローチですが、あくまでそれは資金が過剰流動の状態下で成り立つモデルであることを、予め理解しておくべきでしょう。

高宮さんのご指摘にもありますが、ネット上のみで完結するビジネスの空白地帯が狭まり、リアルでのオペレーション実務や業界知見がより求められるようになると、起業経験者だけでなく、既存業界での経験が豊富なビジネスパーソンがより求められるようになるのではないかと思います。
6techには一通り張ってます。そして冬への備えも勿論ですね。何度も冬を体験している身としては。。
ITといえど、裏側で汗をかく実地重視のビジネス経験が活きる年。とのこと。
冬の時代でも信念あれば越えられる!(かもしれない)
思い付いたときがやりどき、誰とやるか。ですね。
キャッシュフロー安定化と手元資金は、ベンチャーだけでなく企業全般で2016後半のキーワードになる。

しかし、VCでは、6techと呼ぶのか。

「6 Tech」と呼ばれるFin Tech(金融xIT)、Edu Tech(教育xIT)、Healthcare Tech(ヘルスケアxIT)、Home Tech(住宅xIT)、Auto Tech(車xIT)、Frontier Tech(宇宙など人類未踏の地開拓)
骨太の内容でいろいろと思考が刺激されますが、個人的には2点
一つは、やはりガートナーのハイプサイクルってすごいなあ、ということ。別に科学的に作っているわけではないだろうに、何となくそれっぽいし共通言語となって共通のたたき台として機能しているということ。それによればAIやIOTが期待先行というのはそうなのでしょう。
もう一つは単なるネット化、スマホ化という時期が過ぎ、リアルを変革する時期になってきて経験のある起業家が有利になっているという点は大いに同意。ネット大手の役員もどんどん年を取っていっているところですが、新陳代謝が十分に機能していないという面も無いことは無いですが、特に大手であればあるほど経験を活かした事業創造が重要になっているという面もあるので、悪いことでもないのかな、という気はしています。
会社は創業10年で9割潰れるらしい。私の場合はその要因を洗い出した上で、在庫や仕入が無いこと、お金よりも専門性で勝負する分野で業を営むこと、時間の経過と共に参入障壁を高めること、ストック収入型を意識して、ビジネスモデルを構築した。

高宮氏も書いている通り継続型収入(ストック収入)の確保は大切。特に経営者の精神安定上 重要。私の経験では新規営業してやっと売上を上げるしかないフロー時代は初年度に営業利益が1億円出ていても全く気が休まらなかった。

継続型のストック収入がはじまってもはじめは信認を試されている感じでまだ気が休まらず、8年くらいたってやっぱり継続率が高い(2015年度実績は95%)のを心底 確認できてはじめて多少の安心ができた。

朝倉氏が指摘している通り、投資家のお金で赤字を拡大しながら成長を目指している会社は、運命を投資家に握られていて、要は資本市場次第。それでもしストック収入型じゃない場合、不景気や金融収縮が来たら(6年周期くらいで来る) ゲームオーバーになりそうで見ていて怖い。

私の個人的なセンスだが、やっぱりお客さんだけが自社の運命を握っていて、日々お客さんのことだけ大切に考えているのが一番精神衛生上、安心だし、気分がすっきりしている。
業界のベテランにチャンスというのはまさにそうだなあ。
「浸み出していこうとする産業に深く入りこみ、その産業の実需や顕在化している課題をから出発して、事業プランを組み立てることが重要だ。」
業界の数は山ほどあるし、AppleやGoogleが狙っているように変化のない巨大産業にこそチャンスが埋まっている。
ちょっと自信。

>その点、アプリさえつくれれば学生でもチャンスがあったスマホと違い、その業界を知り尽くし、泥臭く事業開発やオペレーションを回せるかが重要で、ベテランの起業家/経営者にとってチャンスと言えるだろう。
>「Fin Tech」や「シェアエコノミー」といったテーマ軸で事業機会を探してはいけない
事業機会の選定をするフェーズでは、バズワードに惑わされないことが大切。ユーザーの課題が見えなくなる。
最悪なのは、バズワードを呪文のように唱えているけど、組織も戦略も全く変わっていないこと。
見えているトレンドに対しては、意思決定スピードを上げて組織を適応させること。
マーケティング分野でも、スマホシフト、コンテンツマーケティングといったトレンドに適切な対応ができた組織は、成果を確実に出している印象です。

後追い戦略も有効に働くことはある。
トレンドに素早く適応することだけに集中して、情報収集、採用、学習をしていく。
トレンドをつくる人が偉いわけではない。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。