新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タクシー乗務は自分にとっては素晴らしい体験。その後、様々な局面で「何となく起きている事態の背景がつかめる」様になりましたし、「社長はその気になったらいつでもまたやってくるぞ」と乗務員達に対する迫力が少し上がったかも(笑)

これは他の人にも役立つはずだと思い、1年かけて50名以上の営業マン達にタクシー免許を一斉に取らせて「1回は乗務員として実際のお客様をお乗せすること」と命じました。

が、これはイマイチ?免許取るだけで2週間以上かかるので営業成績下がるは、何人かボイコットしようとするは、、、活き活きと100回以上乗った男が出てきて、彼は今は教官になっているのが唯一の成果でした。結局、「やらされて」もあまり身につきませんね、自分の意思でやらないと。

それから7年、「乗ろうかな、、、」と口にする人は数多かれど、実際に乗る人は出てきてなかったのですが、、、ついに昨年、自らの意思で乗務した男が出て、物凄く嬉しかった!

当社がドライブレコーダーや運賃メーターなどタクシー専用機器を自作するにあたり採用した山本という29才のハードウェア・エンジニア。自分の作った機器が乗務員達にとって使いやすいかどうか(彼の言葉で言えばUIですが)自分で乗務員になって試したい、と言って。

彼は入社してすぐ、フォーチュンクッキーを踊ろう、と言い出した張本人。一度役員会でダメ出しされたのですが、数十万の予算なので失うものはなく、「まぁやってみましょうよ」と社長権限で実施。この時も、「踊るなんでふざけてる!」という声もあったのですが、、、蓋を開けてみれば220万回視聴(!)
https://www.youtube.com/watch?v=sxmKGZL_ki8

イザとなったらやっちゃう。常識的ではないかもしれませんが、自分の頭でメリット・デメリットを比較し、できそうならやっちゃう。実はコケたネタも多いのですが、、、懲りずに常にネタを探しています(笑)
私もミスターミニットの店舗にたまに立ちます。現場理解というよりは「現場のことを理解しようとしている」というシグナリングが最大の目的かと。結局現場理解では長年毎日現場に入っている社員には勝てないわけで。

ちなみに私は負けず嫌いなので、最初はガッツリ店舗に入って一人前認定試験を過去最短記録で突破して旋風を巻き起こそうと目論んでいたところ、それを相談したリヴァンプ澤田社長から、
「そんなことをお前がやると嫌味なだけだ。『こんな難しいことは自分には出来ない。調子に乗って申し訳ない。今後とも頼むから助けてくれ』ぐらいに失敗して謝るぐらいの方がリーダーとしては正しい。変なプライドは捨てろ。お前がリーダーとしてやるべきことは自分をヒーローにするのではなくて、現場をヒーローにすることだということを忘れるな。」
と喝破され、これが小売のリーダーのあるべき姿だと思い知りました…
なんと言われようが現場の感覚を掴んでいるかいないかは経営者にとっては大事なこと。スタンドプレーでもなんでもない。ただタクシー無線はいまやデジタル化しようがしまいが都心では少なくとも必要ないですね。帯域を明け渡してほしいです
1か月で何が分かる、という意見もありそうですが、個人的には素晴らしいと思います。こういう現場を持った会社で、仮に自分がマネジメントになったら、やはり是非現場を体験したいと思っています。本当はコンサルティングのクライアントでもやりたいところですが、時間的/予算的制約があって難しいのが残念。それでも現場を見る/1日でも同行すると全然違ったことに気づきますので。
どの業界も現場が一番大切。川鍋さん、タクシー運転手の経験をしたのとしないのと、今日の日本交通の形に大きな差があることでしょう。ご立派です。
「イチロー通信」素敵ですね!
そしておもしろ川柳が返ってきたり、従業員さんが川鍋社長の方を向いていることが伝わります。川鍋さんのお人柄を表している様な文面も従業員さんの事を想って書いているという気持ちがよくわかります。読み手の立場に立つことはとても大事ですね。同じ内容でも伝わり方が全く違いますよね。

<おじいちゃん、行ってくるよ>
➡(T-T)
こういう心持ちで毎日を過ごせる人大好きです!私も大好きだったおじいちゃんを特に仕事で悩むときや仕事が上手く行きそうなときにすぐ思い浮かべます。仕事が大好きだったおじいちゃんならどうやってこの事案を判断するか、おじいちゃんにこの喜びを報告したらどんなに褒めてくれるだろうかなど、心で会話します。川鍋社長素敵です(*^^*)

※フォーチュンクッキー♪
ステキすぎました(*^▽^)/★*☆♪日本交通素敵な会社さんですね!色んな部署も見ることが出来てとても興味深いです。
【第9話】社長業を1カ月休んで、タクシー乗務員になると決めた川鍋一朗さん。社内で批判が飛び交いました。「また点数稼ぎですか? 黙って静かにしててくださいよ」。
この規模で本当にやってしまうところがすごい。

でも、これは確実に良い効果がある施策だったんだろうと思う。

似たような経験(規模は2桁くらい小さいが)から思うのは、

1.当たり前だが実際に実務をしてみると、リアルな現場がみえてくる。
本当に無駄なこと、実際はすごく大変なこと、要らないと思ってたけど実はすごく必要なこと、などが腹に落ちるので、言うことに説得力が増すし、現場の人への理解が深くなる

2.現場の人たちが味方になってくれやすくなる。
現場と管理側はお互いが「あいつらは俺たちの仕事わかってない」と思ってるケースがよくある。
これは、すごく当たり前だけど、管理側の人間が現場に"本気で"寄り添う姿勢をみせることで解決出来ることだと思ってる。
もちろんそんな簡単にいかないケースもあるだろうが、相手を知りに行こうと言う姿勢自体がすごく大事なのでは思う
現場を頭ではなく、体で理解する。経営の基本だと思います。体で理解したものは、心で理解することになる。心で理解していることは、同じ思いを持っている人に通じます。

私もマザーハウスを始めてから数年間は、店舗に週3日入っていました。1日の売上がゼロの心の痛みは今でも忘れません。でもその体験こそが、今のスタッフがどんな気持ちで店舗に立っているか、少しでも理解できる原点になっていると思います。現場を忘れない、それは経営の基本です。
川鍋さんがタクシー乗務員になった1ヶ月間の経験を、ご著書「タクシー王子、東京を往く」で読みました。面白いし感銘を受けました。おすすめです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/416370180X
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。