新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウチの会社のサブオービタル打上げは今年前半を予定してます。軌道飛行は少し先ですが、真面目な用途だけでなく、例えば流れ星を降らせる衛星とか、エンタメ要素の大きいものもどんどん打ち上げられるようにしたいです。その為の打ち上げコストの劇的な低減を目指してます。
アストロスケールとアクセルスペースですね。知らない人にとってはなかなかとっつきにくい宇宙産業。だからこそ行動を起こせば色々とチャンスがあることがわかります。今いるプレーヤーだけでなく特別視せずもっといろいろなプレーヤーに入ってきてもらいたい産業です。
昨年、気象衛星ひまわり8号が運用を開始し、観測密度が上がったことにより気象学的にいままで捉えられていなかった細かい雲の時間変化などが見え、関係者は大変に興奮しています。今回の小型衛星では解像度が2.5mとのことですから、より小さな現象をとらえることができるようになるでしょう。
気象関係者としても大いに期待しています。
今年も昨年に続き宇宙に関連するイベントが多い年。期待したいです。
超小型衛生を開発中の皆さん、頑張って下さい。成功を祈ります。
「もし超小型衛星を使えるとしたら」と考えたけどアホすぎることしか思いつかなかった。勉強しよ。。
アクセルスペースとアストロスケールのことですね。堀江さんが出資されているインターステラテクノロジズにも期待したいです。
超小型衛星もドローンも、現在のキラーアプリは「写真」です。画像のビッグデータ解析を使ったアプリケーションという「脳」の部分でのマネタイゼーションが進まないと、衛星事業も広がりができないので、この部分での試行錯誤が日本でも進むことに期待したいです。
デブリが心配
衛星を打ち上げれる軌道は限られてるので、有用な開発を期待します