新着Pick
418Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジュンク堂の14年1月の営業利益はマイナス9500万円。売上は503億円。書店業界全体の万引きによるロス率(総売上に占める万引き額)は1.4%ですから、ジュンク堂だけで7億円の被害を被ってるはずです。もし、万引きがなければ、ジュンク堂の2014年の営業利益はプラス6億円。これによりサービスや賃金などが向上するかもしれません。マンガが万引きロスの40%を占めるため、電子タグ化はあまりに人件費が掛かりすぎて被害以上のコストが掛かるでしょう。全国の書店合計で約190億円の被害にあってます。この状態をほっておくとブロークン・ウィンドウ仮説によって社会全体が不安定になる可能性すらあります。

問題は来店客の同意を取るかどうかですが、基本的にシステムは過去に万引きした人物の顔データとリアルタイムで来店した客の顔データの照合をして、一致したら警備員に連絡するわけで、全来店客の顔データを固定化しているかどうかは不明です。たしかにジュンク堂は全来店客顔データのビッグデータ化をしているかどうかの説明はするべきかもしれませんが、経済合理性よりもシステムの観点からそんな面倒くさいことはしないかも。

書店の利益率は上記のように非常に低いので、この顔認証がキライな来店客が10%減っても、つまり総売上が10%減っても、常習万引き犯が来店しなくなって、万引きロスが半分の0.7%になるほうが、はるかに合理的です。

この問題はNシステムのほうが深刻なのではないですか?高速道路という民間によって運営されている巨大道路ネットワークには無数のNシステムがあり、クルマのナンバーとドライバーの顔、通行時刻などのデータをこの場合は”警察”が”無期限”に”ビッグデータ”として”蓄積”しています。そのことを民間企業のNEXCO東日本などはゲートで開示していないですね。ジュンク堂に入りにくくなったと感じるのであれば、高速道路の通行についてもご検討されたほうがよろしいかと思います。
保存期間や生体認証データの問題はともかくも、パブリックスペースでプライバシー云々というのは大いに違和感を覚えます。
現代社会では、道を歩いていてもあちこちの防犯カメラに引っかかっているのが実態です。
個人の設置した防犯カメラ映像がどのように使われているかまでは、当局とて調べようがありません。

もしかしたら、個人商店などが設置している防犯カメラ映像を定期的に買い取って生体認証データベースを作り上げている組織だって存在するかもしれません。

そうであれば、そのような機能があることを堂々と宣言して万引き被害を防ぐ方が犯罪の事前予防という点でメリットが大きいと思います。
犯罪を事前に予防するということは、犯罪を犯して人生を踏み外す人を事前に救うことでもあるのです。

「気持ち悪い」という人は行かなければいい。
でも、前述のように、知らない間に「気持ち悪い」ことになっている可能性は十分ありうると思います。
こういうの嫌だと思ってる奴ほど実害は全くないことが多い。そもそも書店の万引きはひどいと思う。そういう意味でもオンライン書店で無人倉庫は理想的
こーゆーのに抵抗ある人てこれからの時代損するよね。一体なんの不利益があるのやら…
データを集めるとリンチになるというのはなかなか難しくて理解しがたい。しかも、町を歩けばいまならどこでもやっているし、オリンピックがくればそれはもっとひどくなる。とはいっても、万引きをしないかぎり、アマゾンで本を買って履歴を残すよりはずっとプライバシーにやさしいと思う。
今年、デジタルエクスポなどに行くと、こういった技術が大量にあった。セキュリティとマーケティング両方を兼ねている。記事で問題視されている個人情報保護に関して、一個記事で抜け落ちていると思うことは「個人を特定できるのか」ということ。カメラで撮った画像で、新規か再訪かという特定はできるかもしれないが、①個人情報を本人が当該店舗に伝え、②システムとしてその個人情報とカメラ画像を紐づける、という二つのステップを踏まないと「個人は特定できない」(システム上のIDの0135番の人と特定できても、○○さんとは特定できない。そしてシステム上のIDは、システムが振ったものであって当該本人のものではないはず)と思う。
これ知らなかった。嫌なら利用しなきゃいいだけなのかもしれないけど、これ知ったらジュンクには行かないって人も多く出てきそうね。
「匿名」というものがない世界に早く慣れる方がいい。どのみち、プライバシーは無くなるのだから。
これも規制する方向かな?
個人情報保護法もそうだけど、誰かを保護するために作った法律や条例なんだろうが、単なる規制にすぐなってしまう。
罪をおかした場合に取り締まれないのも問題だが、条文の解釈で問題ないものまで規制されると、社会の妨げでしかない。
万引きの取り締まりならいいじゃないか。
これでマーケティングされたら文句言やいいのに。
店員が顔を覚えて対応するのとかわらんよ。
自分の顔を撮られているくらいいいのではないでしょうか。ちょっと個人情報に敏感になりすぎている気がします。
ジュンク堂書店(ジュンクどうしょてん、英語: JUNKUDO Co.,Ltd.)は、大手書店チェーンで、丸善CHIホールディングスの完全子会社である株式会社丸善ジュンク堂書店が運営している。「淳久堂書店」や「JUNKUDO」と表記されることもある。2015年1月までは株式会社ジュンク堂書店が運営していた。 ウィキペディア

業績