新着Pick
254Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
役所間でイロイロあるようですから、実現は困難だと思います。

それより、皇居の京都へのお戻りはいかがでしょう?
現在の皇居はもともとが武家の城。
京都に皇居が戻れば、日本の重心も大きく動きますし陛下のご公務も軽減されます。
今まで頑張ってこられた両陛下。
京都でごゆっくりと考えるのは私だけでしょうか?
うぉー、これは素敵!!
国宝の5割、重要文化財の4割が関西・京都に集積しています。
もちろん、いきなり全ては難しいでしょうから、まずは一部移転して、いけそうならいつか全部京都に持ってこれば大丈夫です!
良い方向だ。全ての庁と国立機関は、東京以外に移転すると決めては、どうだろうか。その上で、どうしても残らなければならない理由が強いものだけ、東京に残すと言う意思決定をしたら良いと思う。

先日国立がんセンターの前を通ったが、築地の一等地にあった。銀座にほど近い場所に、がんセンターを置いている必要は無いでしょう。もっと空気が美味しい、自然豊かなところの方が、良いと思う。こういう国立機関は原則全て、都外に持っていくのが良いと思う。復興庁は、仙台か福島を拠点にして欲しい。

地方創生の為には、都会に集まった頭脳を再度地方に戻す必要がある。ガンガンに地方移転を進めて欲しい。
文化財のうち、建築物以外はやはり東京に集中していることを著作物(『観光人流政策風土記』)に書いたことがあります。お金が集まっているから当然です。建物はさすがに関西に残っていますが、国宝も重要文化財も京都より東京のほうが多いはずです。こういう話が出ると、役所も、応援団の評論家も、普段は地方創生と言って原稿料を稼いでいながら、反対の本音が出ますから面白いですね。
全部移転すりゃいいじゃん
文化庁の京都移転を応援する。実現可能性は一番高い。あとは文科大臣の決断次第。
地方創生のためというより、東京一極集中を回避するため、他の都市に政府機能を分散させるのは良いことではないか。いざという時の政府のバックアップ機能も果たせる可能性がある。だいいち、文化庁を京都というのは、爽快な発想ではないか。

NY-ワシントンDC、チューリッヒ=ジュネーブのように、別に経済の中心地に政府機能が集中している必要性はない。ネット社会の現代においてはなおさらだ。
抵抗のない大きな変革はない。移転可否は、省庁のメリットよりも国民のメリットで決めるべき。
元々関西に文化財が多く残っていることから、文化庁は関西地域に力を入れてきたのは事実で、関西文化元気圏の取り組みの本部も京都にあります。この関西文化元気圏は、文化庁の改革でも力を発揮した河合隼雄さんが進めたもので、東京一極集中を打破するために、歴史的背景を利用して関西地域を盛り上げる意図があったとされます。

政府の意図も、東京一極集中の打開が目的のようなので、最初に白羽の矢が立ったというのは当然だと思います。逆に言うと、文化庁の移転ができなければ、他はもっとできないということでしょう。

ただ立法と行政は一体なのと、文化財の有効活用はあくまで文化庁の一部業務にしか過ぎないことから、やっぱり最初は混乱が避けられない気がします。
中央省庁の地方移転については、克服すべき課題も多く簡単な話ではない。
役所機能の維持も重要な問題だが、費用対効果が十分かどうかも重要な課題だろう。国土交通省のホームページに載っていた試算では、中央省庁の6,000〜7,000億円程度の費用がかかるとされている。もしこの数字通りならば、国立競技場など目ではない費用を計上することになる。それだけの経費をかける以上は、然るべき便益を得られなければ、中央省庁の地方移転への国民的理解は得られないのではないだろうか。

(参考)国土交通省 国会等の移転ホームページ
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/iten/relocation/qa/qa_step4_02_02.html