新着Pick

民泊を段階的解禁へ=小規模は来年、営利は18年までに−政府

時事ドットコム
政府は、民家の空き部屋などを旅行者の宿泊向けに貸し出す「民泊」を段階的に解禁する。個人が小規模で行う民泊を2016年中に先行して認めた上で、企業が営利目的で行う大規模な民泊については、より厳しい安全
223Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
来年は民泊の普及も一気に加速しそうですね。やはりシェアリングエコノミーは来年の大きなキーワードになりそう。
いいことだと思うが、じゃあ旅館業法いらないんじゃないの?それも撤廃すればいいのに。政府が補助金出してるわけでもないなら、こんな規制意味はない。
なんかあったらすぐに『国としての法的整備が急がれる』なんて言うから、こんなに規制が多いのでは?
サブレットによるトラブルの法的処理、それをカバーする損害保険などのサービスが生まれる。そもそもAirbnb代行サービス、Airbnb投資コンサルなどすでに生まれてる。
英国に行った80年台、B&B(Bed & Breakfast)のお世話になったなあ。民泊、いいんじゃないですか。でも、そんなにややこしい規制、要るんですかね。政府の過剰関与は新規ビジネスを阻害するのでは。
Airbnb以外の、別の信頼性を担保した競合が出てきたらもっと面白くなりそう。
リクルート住まいさんなどどうなんでしょうか?
本当に真剣に制度を考えているのか怪しいですね。受け狙いのような気がします。時代錯誤ですが、旅館業法では宿泊引き受け義務を規定しています。この規定の取り扱いをどうするのか議論すべきでしょう。いい意味での内閣法制局がきちんと対応してくれることを期待します。
本人確認は、電子錠のパスワードを発行する際にドアフォンカメラの遠隔操作により確認するなどIT技術でいろいろ工夫ができそうだ。ベンチャーの出番だ。
昭和の「民宿」みたいな宿も復活してくれると嬉しいです。
古いアパートを買い上げて民泊用に改装して貸し出すなんてのがビジネスになっていくのかな。それにしても結構早く進んでますね。アメリカでも行政レベルでここまで議論が進んでいるのはサンフランシスコぐらいじゃないか。
単純というより極めて難しい問題。旅行者の利便性・快適性・満足度 vs 防犯・防火・治安・安全。これに、ネットも絡む。

多様な価値観を前提とした社会のあり方の先駆的なモデルケースかと。