新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

206Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヘッドハンターの方々に、商社人材の転職状況などについて聞きましたが、動くのは年収がまだ1000万円に届かない20代のうち。30代以降になると、年収ダウン転職が増えるため、マッチングしにくいとのこと。また駐在などがある関係で奥様が専業主婦のご家庭が多く、決まりかけた転職も泣いて止められることなども多いとのことでした。
商社出身者の王道としては、やはり投資先の経営に関わっていくパターン。新浪さんもレオック、ローソンと社内の反対を押し切り、無理やり案件を通して自分がそこにいくという流れ。もう一つは記事にもある通り、コンサルなどを経るパターン。自分も中途採用を担当していますが、商社出身者も結構きて基本的には会うことにしています。就活で勝者だった、PLBSがある程度読める、大企業の空気感が分かるなど適性が高い場合が多い気がします。そういう人たちが語る志望動機はやはり「年功序列」や同じ仕事を何年もやり続けること、というのが多い感じはします。転職にあたっての意外と多い障害は奥さんの反対だったりするので、既婚の方は毎回「奥さんは大丈夫?」と聞くことにしています。奥さんにしてみれば「商社マンと結婚したのに!」という人もいますからね。。。
総合商社はその特殊性(20代は大きなプロジェクトの小さな役割を果たす下積み時代)ゆえに、起業家に必要なオーナーシップを持って高速PDCAサイクルを回す、という経験が乏しく、かといってスタートアップに転じようとしても年収が高いので、条件が折り合わず中々踏み出せない、というジレンマを抱えてる。
賢い学生たちはこうなることは分かっているので、起業家志向のある人はそもそも総合商社を避けてIT系のメガベンチャーを志向するようになってきている。
サイバーエージェントじゃないけど、「20代で子会社社長」みたいに若手でもガンガン活躍できるタレントマネジメントにシフトしないと、総合商社マフィアは増えないだろうな。そうすることが総合商社にとって良いことかどうかはさておき。
思ったより商社出身の起業家は少ない印象を持ちました。ちなみに記事には出ていませんが、僕の相方、新野は三井物産出身です!
起業家は少ないかもしれないが、経営者として活躍している人はもっとたくさんいる。
私の同期はちょうど30-31歳あたりだが、転職はひと段落した感がある。同期が150人ぐらいいた中で30人ぐらいは既に辞めていると思う。転職先はスタートアップ、VC、PE、コンサル、メディアあたりが多く、特に最近はスタートアップに移る人が多い印象。
私の世代の転職だと、商社での経験やスキルを評価されてというよりも、商社にいることである程度の高い基礎能力が担保されていること、ゼミやサークルの繋がりで他社への紹介を受けやすいこと、そして元々就活無双していた人ばかりのため面接受けがよいのもポイントだと思う。
今更ですが、よく考えると、女性総合職のかたが商社でどう活躍しているのか、大変気になります。
コンサル特集の際、マッキンゼーとBCGのOBもまとめているので、そちらもどうぞ。 https://newspicks.com/news/1111368/
商社ご出身の素晴らしい経営者の印象があまりにも強いので、私は「商社=人財輩出企業」と思っていました!
何だかんだ商社は言われるけど、優秀かつ事業の現場で鍛えられている人が多いよね。
この連載について
今、商社業界は大きな岐路を迎えている。手数料ビジネスで稼いだバブル崩壊前の時代(商社1.0)から、2000年代以降、資源を中心とした投資ビジネスへと比重をシフト、純益規模は一気に膨れ上がった(商社2.0)。しかし、その後、資源価格の下落が続き、各社とも減損を計上。商社各社は、商社3.0ともいうべき新たなビジネスモデル創出へ向け、もがいている。商社3.0の時代の商社のビジネスモデルとは何か。資源の時代は本当に終わったのか。新たなモデルを模索する大手商社の2020年に向けた戦略を探る。