新着Pick
1448Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
仕事柄、わが社の柴沼が外にものを出すときにはいつも関わるのですが、今回の原稿にむけての柴沼の頭の中は、これまでにもましてスピードが速く、そして「複眼的」でした。

いま起きていること、これから起こり得ることを見据えようとするなら、多様な観点で、リアルタイムに同時に見ないと全体像が浮びあがらないのだ、ということを痛感させられました。

でもそんなあいまいで、つかみどころのない世界だからこそ、1人ひとりの意志とビジョン、それをきちんとやり遂げる力が求められている。

「私は来年どういきるのか」。私自身、強く問いかけられた仕事でした。
人気 Picker
筆者の柴沼です。

お題は、2016年どうなるか?私の担当は、グローバル経営。

が、多岐に亘ることが世の中起き過ぎているので、数年後トレンドを読み解くキートレンドにフォーカスし、少しバックキャスティングすることで2016年を読んで頂くアプローチに致しました。

テイストが合う人、合わない人いるかも、、、と思いましたが、まずはお読み頂き、コメント下さいませ~というか、皆さんの世界観も是非知りたいです!
非常にコンサルタントさんらしい、壮大な予測ですね!

私もひとつだけ専門分野での見解を。
IoTやIoMやらまとめると、一昨年から言われているIoE(Internet of Everything)になります。

私としてはIoT含めたIoEは「破壊的には普及しにくい」見解です。何せ「何かと繋がる」為には双方向での準備がいる。何か1つが登場したから、何かが全部変わる、という性質を持ちにくいと思います。

IoTで言うとやはりスマホはハブになりますが、相手の「モノ」は例えば家電だと、ひとつずつ相手にしながら範囲が広くなりますし、IoHだと「健康であるための手間をかける人間の思考」という非常に難しい破壊しにくいジレンマが存在します。

IoTやIoHを否定するわけではなく、これらはひとつずつ徐々に我々の生活に浸透し、振り返ったらIoEだった、という広がり方が自然かと思います。

そのために、弊社も含めて、そしてシリコンバレーもきっと同じで実績を積み上げていく1年になるでしょう。

私個人の勝手な予測、見解ですが、バズワードに踊らされない地に足をつけないといけないビジネス、そして意外と地味なのがIoEへの見解です。
日本から世界に通用する、破壊的ビジネスは長年出ていないが、そろそろ出て欲しいって言うか出ないとやばい。我々日本のベンチャーもこんな小規模で安定経営なんてしててはだめだ。この予測のフロントランナーとして来年はやるつもりです。
大袈裟かもしれませんが、3年間で利益を10倍に出来なかった経営陣はクビにするくらいの覚悟が企業になければ変わりませんよね。

これまで日本市場は難攻不落のガラパゴス要塞でしたが、ソニーがアップルに、ヤフーがグーグルに、楽天がアマゾンに、負け込んできました。もうバリヤは破れたようです。うかうかしていられません。
無理してでも、働き方のモードチェンジする「危機感」を持つことが必要だと感じました。
マッキンゼーやアクセンチュアなどのグローバルネットワークを前提として働いている人にとって、柴沼さんの提唱されている「アグリゲーター人財」になることは超重要事項。個人としても、組織としても価値観、行動様式、制度・ルールすべてを変えていかないと生き残っていけない。

ただ、僕みたいにグローバルネットワークがない日系企業勤務だと、記事で紹介されている変化が自分ごとだと捉えにくい。だから、無理してでもモードチェンジしないとなと記事を読んで思いました。

個人レベルで価値観を見直していくために最近始めたのが、Open IDEO。
https://challenges.openideo.com/
世界中の知が集まる場所に、自分からアクセスして、インプットとアウトプット(まだアウトプットできていないけど)していくことを2016年度は目標にしていこうと思います。

OPEN IDEOは社会課題に対するソリューション企画を形にする共創プラットフォーム。
企画アイデア・プロジェクトの型・アイデアの表現方法などを学ぶのに、結構使えます。

目指せアグリゲーター人財!!
この記事を他人事だと思う人がいたら、考えを変えて貰わないといけない。企業にとって国の意味は限りなくなくなっている時代。日本企業はこの数年でなんとか独自に生き残れるか否かの瀬戸際に来ている。
それなのに相変わらず国の枠にとらわれ、日本を自ら褒める論調が多い事に危惧を感じる。20年ほぼ無成長。GDPも世界20位に下落。現実を直視して、覚悟を決め、世界にインパクトを与える一歩を踏み出す人や企業を大きく育てなくてはならない。出る杭を打っていては日本はもうダメなのだ。
よくまとまってるなあ
IoTそして、優秀なData scientistチームをどれだけ活用できるかというゲームが来る、そのときは、規模の経済が働くのでno.1とそれ以外の差がかなり開く・・・という話題は、実際に先日参加させて頂いたGlobal CEO カンファレンスでも話題になっていました。 もう一つ印象に残っていたのは、Intangible Asset(無形資産)の勝負の世界になっていくだろうという議論。ValueとかVisionとかCultureの強さがグローバル企業の価値になっていくということ。 カンファレンスに出席していたAlibabaのCEO Daniel Zhangは、「我々の事業はビジネスモデルが強いのではない、Visionが強いのである」と発言されていました。たしかに詳しく聞いてみると、プラットフォーム事業は予めデザインできるものではないので、「何を目指しているのか、何が判断軸なのか」だけを極めてクリアにした上で、それ以外はアジャイル型で沢山チャレンジをさせ、失敗を重ねながら発展させていくモデル。 確かに、モードチェンジが始まっているなあという印象を受けました。
IO□□、IO☆☆といったインターネット及びテクノロジー ドリヴンの発展のビジョンが提示されており、たいへん興味深い論考です。
特に、IOHは急速に進展するのではないかと私も見ております。なぜなら、モノや利便の価値はそこそこ満たされて来ている観があるのに対して、健康や病気治療に対するニーズはネタ満載のフロンティアであり、かつ十分な対価を支払う潜在顧客が多数存在しているからです。

一点、私見を述べさせて頂くと、このようなビジョンが進展していくためにも、今以上に人材育成と優秀人材の有効活用が、経営戦略として重要になるという点です。
ここに挙げておられる代替事業や新しい事業を立ち上げ、発展させるためにも、イノベイティブな技術を開発するためにも、新しいアイデアによるマーケティングをするにも、常識にとらわれない発想と高いスキルを持った人材が鍵になります。
これまでの日本企業のマネジメント スタイルや人事制度では、こうした人材を育て、活躍を促進することが難しかったわけですが、これからイノベイティブな戦略や事業展開をして行こうとするなら、まずこうした人材の育成と活用が第一歩の経営課題にならからです。

IO□□、IO☆☆とテクノロジー ドリヴンの時代だからこそ、ごく優秀な人材が勝負を左右するゲームになるはずです。
IoTは位置情報とセンサーとデータの解析との認識。位置情報の技術とセンサーは価格低下傾向で参入のハードルは低くなっているが、データ解析をビジネスとするのはなかなかハードルが高そう。データ解析を含めると、大手電機メーカー優位かなと感じるしだい。IoTの概念は、従来コマツを筆頭に数社がやっているところ。他にも波及するのは再来年ぐらいとの感覚。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。