新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

63Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
暗黒のシナリオとは、既存の流れが逆方向に変わること。機械が人間を超える、気候変動、インフレ。

上記の中でここ数年で大きく影響する可能性があるリスクはインフレだと思う。デフレは悪だ、だからインフレを起こさなければ、という固定観念を多くの政府が固く信じている状態は過去に例をみない。これだけ、一方向に意識がシフトしている時ほど、固定観念が壊れたときのインパクトは計り知れない。しかも、財政負担が重い国々は、既にインフレで解決するしかないと判断し、賃金引上げを政府自体で興そうとしている。実質GDPではなく、名目GDPが大事だということで。

2008年の金融ショックは、サブプライムローンという信用度の高い商品が実は紙屑だったという認識ギャップから生まれた。今回は、デフレだと思っていたら、簡単にインフレになってしまったという状態が起きるということだろう。この構造はほぼ全ての知識者は分かっている。分かっていないのは、いつ何のイベントをきっかけに発生するかだ。

一つの可能性としては、原油価格の反転が何らかの理由で起きる瞬間ではないかと思う。要は、1970年代のオイルショックのようなことではないかと思う。

世界は一方向で行き過ぎると、必ず振り子のように戻ってくる。この法則だけが、未来永劫変わらない。
ここで挙げられているリスクに対応するような仕組み作りは現実的なのだろうか。民間銀行は金融危機後にかなりレバレッジ規制強化されましたが、政府に対しては何の規制もなく、IMFなども主要国の破綻には規模の面で対応できない。結局のところ、危機が起きてみないとどうなるか誰にもわからない。
「私には、世界中の政府・中央銀行とバーナード・マドフの違いがわかりません」というのはこの上なく痛烈な皮肉に聞こえます。敢えてインタビュー地の国名を名指ししなかったのは、せめてもの武士の情けでしょうか。
小難しい理屈を並べても、結局は「お小遣いの範囲内でやり繰りしなさい」という至極当たり前の話に思います。
すごい悲観的な見方。
ヨーロッパの経験してきた事はこれから世界が経験することはその通りなんだろうな。
少なくとも相対的にアメリカの力がシェアを落としている事は間違いないわけで。
債務を重ねるだけの・・・どこかで聞いたことがある。。
一人一人が世界規模の長期的なシナリオを理解して、リスク想定をして、自分にできることを俯瞰的に考えることが大切ですね。
わかりやすい名目GDPやインフレ率を短期的に追っているだけだと、いつの間にか崩壊しているという状態になる。崩壊=暴力や経済破綻という形で現れるので、事前対処が必要。
「ところが、個人の自由を極限まで押し進めると、人々は“disloyalty”(不誠実)な状態になってしまいます。」

「自分さえよければいい。他人のことはどうでもいい。私たちはこのようなエゴや不誠実さで満たされた世界にいるのです。」

「短期的なものの見方しかせず、次の選挙で再選されるために必要なことだけを進んで行っています。そこには「次世代の利益のため」という発想はありません。」
ここにある通り、世界は様々な危機に直面していますが、一番考えねばいけないのは「ヒト」の危機です。私たちはテクノロジーや環境問題など、様々な課題を議論しますが、今までの歴史が示すものは「自分さえよければ良い」という、自己中心的政策が一番世界を危機に陥れてきたのだと思います。

AIについても技術の自己暴走より先に、技術の自己中心的使用や悪用による暴走の方が早い気がします。
この連載について
政治、経済、安全保障、文化など、さまざまなファクターが絡まりながら進展していく国際情勢。日々、洪水のように流れる情報を追うだけでは、世界の真の姿を捉えることはできない。そこで本連載では、欧米・アジアの歴史学者、経済学者、政治学者が、専門的かつ鳥瞰(ちょうかん)的な観点から、世界のメガトレンドを分析し、国際情勢を読み解く視座を提供する。