新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
紙おむつは、乳幼児から高齢者まで幅広く需要が期待できる。ユニ・チャームによると、1人あたりGDPが3,000USDを超えると、布オムツから紙オムツへの移行が始まるそうです。新興国市場をいかに早く開拓し、生活必需品としてのブランドを確立するかは重要。特にアジアにおいては、まだオンライン販売も拡大途上のため、販売網の構築もポイントです。
ベビー用品安全性の重視、可処分所得の増加により、中国の消費者が吸水性や柔軟性などを優れている海外ブランドを愛用している。親貝研究院のデータによると、2013年1月から2015年9月まで、約200の海外ブランドが中国市場に参入してきた。
 現在、中国では0−3歳までの乳幼児数が5000万以上を超えた。また、2015年に中国政府より「二人っ子」政策を実施され、今後乳幼児用紙おむつの成長に寄与すると予測される。2014年乳幼児用紙おむつの売上高は約290億元で、2013年より13%増になった。米国MPE社によると、2017年には1200億元へ成長すると見込まれる。
 さらに、ハイエンド製品に移行している背景で、メーカーにとって、どのように消費者の心を掴める新製品をリリースするのは問題になるでしょう。
三井化学株式会社(みついかがく)は、三井グループの総合化学メーカーである。山口県和木町で工場を開業以後、事業拡大・海外展開を行い、三井東圧化学と三井石油化学工業との合併を経て、1997年10月1日に三井化学となる。 ウィキペディア
時価総額
4,654 億円

業績