新着Pick
342Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワークライフバランスって短い勤務時間がいいって話じゃないよね。
子育て、介護などで時短勤務が必要な人に出勤の
自由を認めるダイバーシティな勤務を認めたり、
早く帰る雰囲気がなく、ダラダラ残業するのを、無くしたりすることではないのかな?
自主裁量で働くことが一番大事だとおもう。
ベンチャーや競争の激しいエリアのトップ層が
みんな早帰りしてたらグローバルで競争にならないよ。
そもそも若いうちは成長期なんだから頑張れる間はがんばりゃいい。
ダイバーシティにおけるマイノリティを守ることと
誰でも過保護にするのはちがう。
むしろ成長の機会を奪いかねない。
12月は19時前にオフィスを出ることが多いものの、家に帰る訳ではありません。師走はビジネスマンにとって社外の方と効率良くキャッチアップできるボーナス期間
全員に退社時間を強制する、という考え方に違和感を感じます。
残業しなければ評価されない、という体制は改めるべきですが。
関係ないかもだけど、生産性高い人って生活習慣から他の人と違う。

可処分時間を自己の成長に投資してるんだろうし、それって仕事の準備を常にしている事と同意だと思う。

勤務時間をどうするより、自助努力ができる社員を育てるなり雇うなりする事の方が重要なのでは。
「ワークハード・ライフハード」

これすごく大事ですね。
決して仕事をなあなあにするわけでは無い。
仕事も遊びも全力。

アメリカンフットボールの場合も良い選手は、数少ないオフに派手に遊ぶ人が多いです。
時間に縛られたく無い
帰す、てか自分で帰らるよう仕事量調整すべき。帰れない人は例外なく生産性低いor仕事量多すぎ。これは恒等式だから間違いない。仕事断る勇気も必要だし、それができないならずっと疲れて生産性低いまま人生使うしかない。まあ残業代でるならそれはそれで賢いけど
銀行時代、同じような取組みがされたが、逆に、凄くストレスフルだった。書類、データの持ち帰りは厳禁なので、家で、じっくり財務分析どいうわけにもいかず、どうせいっちゅうねんって感じ。物理的な仕事量を斟酌せずに、一律に強制的に帰らすのは、賛成しない。
簡単です。朝の3時から出勤させればいいのです。
《マインドセット》基本は結果責任。帰る時間は関係無い。一人で片付けられないほど業務がある人は業務分散が必要。子育てなどプライベートな事情がある人は責任を軽くする必要がある。
株式会社大和証券グループ本社(だいわしょうけんグループほんしゃ、英名:Daiwa Securities Group Inc.)は、日本の金融持株会社。企業理念は「信頼の構築、人材の重視、社会への貢献、健全な利益の確保」。 ウィキペディア
時価総額
8,215 億円

業績