新着Pick
526Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オックスフォードの同僚が、これに関して研究したことがあります。リンクはこれ。

http://eureka.sbs.ox.ac.uk/4943/1/SSRN-id2382612_(2).pdf

一言で言うと、1960から2012までの夏と冬のオリンピック全てで、

”With an average cost overrun in real terms of 179 per cent – and 324 per cent in nominal terms – overruns in the Games have historical- ly been significantly larger than for other types of megaprojects, including infrastructure, construction, ICT, and dams”

つまり、だいたい、実質で179%、名目で324%ぐらい見積もりをミスするのは、これまでと同様であり、他のプロジェクトと比較してもオリンピック特有の現象とのことです。

また東京でも繰り返される、というだけのこと。
はぁ…こうなることは、ある程度予測できたはず。だからこそ、既に先進国は五輪開催に手をあげなくなっている。問題は、「公的資金の投入に都民や国民が納得するか?」、そして「財源をどうするか?」だが、私はもう一つ「TOTO」の件が気になる。

TOTOの売上は、そもそも「次世代選手の育成資金」に充てられる部分が大きい。だが五輪運営委員会は、当初から「足りない分は、TOTOから補填すれば…」といったことを口にしていた。なんたること!

五輪にとって本当に大事なのは、「箱」や「スタッフ」ではなく「選手」であるはず。なのに、結局はその資金に手を付けざるを得ない…本当に、次世代を担う選手に申し訳ない、との気持ちで一杯だ。
招致獲得のために意図的に下げてたんでしょうね。ミスなんていうレベルでなく、国民を騙したとしか思えないですね。
琴坂先生のコメントによると、これまでのオリンピックにおいても、実質では約2倍、名目では3〜4倍ほど運営費は当初見込みよりも増大しているということが研究によって明らかになっているとのこと。

そこから生まれる2つの疑問は、
①なぜそれがわかっていながら、運営費の当初見込みは見直されていかないのか
②なぜ東京五輪では、さらに異常な6倍という増大になっているのか

やばいなぁほんと。
これはヒドイ。新たなスキャンダル。
一般人の常識では、①見積り誤差とはいえない、完全な誤り、②関係者が意図的に見積りを過少申告していたなら犯罪、③追加的な公費(税金)負担は認められない、④招致の前提条件に重大な誤りがあったから、東京開催は辞退が筋。⑤責任者、関係者は辞任。
「やった者勝ち」が許されるなら、ルールもガバナンスも、何もなくなる。オリンピックなら何でも許される訳ではない。
どういうどんぶり勘定をしたら、こんなことになるんだか。。。
組織の根本的な問題を感じる。
琴坂先生のコメントと併せて読むと、こうした問題は東京だけに限ったものではないことが分かります。
ただし、財政運営には「厳密性の原則」というものがあり、歳入歳出経費は可能な限り正確に見積もりをするのが理想とされています。
経費が当初の見積もりの6倍となるというのは、計算ミスでは許さないレベルであり、当初の見積もりを立てた担当者の責任問題になるレベルです。オリンピックに経費がかさむのはよくあるいつものこととは言え、このどんぶり勘定ぶりは追求されて然るべきです。
当初からこれぐらいかかると想定していたのに、あえて隠していたのか。綿密に算盤を弾いたのに、これだけの開きが出てしまったのか。その責任者は、誰になるのか。わからないことだらけ。
まだまだ。
あと5年もあるのだから、もっと膨らむでしょ。
小川勝さんが「オリンピックと商業主義」でせっかく成功した五輪はマーケティングよりもコストミニマムにすることで成功したと言っているのに・・・