新着Pick

創業120余年、「新規事業への挑戦」

BizReach Regional | 地方から未来の働き方を探すウェブメディア
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
森下仁丹はカンブリア宮殿が詳しかったですね。
三菱商事出身の社長が就任して新規事業に注力しカプセル事業が売上の3割をしめるとのこと
圧巻は人材の入れ換え。中途登用に注力し、6割が中途出身とのこと。以前はわかりませんが一般的な老舗企業を想像すると生え抜きが多かったような気がするので、人ごと入れ替えたイメージ。やはり大きく変えるときは血の入れ換えが必要ですね
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20130822.html
テレビで昔特集してたな、仁丹を飲んだ時に最大効果を発揮できるように、狙った臓器で消化させるためにクスリの成分を格納するカプセル技術が、医薬や化学的に応用範囲があって、注目されてる。
仁丹にこんなエピソードがあったのか。

しらなかった。現社長も再生には苦労されたんだろう。人も入れ替え、現在では、50%の中途採用比率とのこと。

今後の成長に向けた新卒採用、並びに役員の新卒率アップが重要になってくると思う。
森下仁丹株式会社(もりしたじんたん、Morishita Jintan Co.,Ltd.)は、大阪市中央区玉造に本社を置く医薬品製造企業である。略称は仁丹。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。コーポレート・スローガンは「百年人生を応援する」。 ウィキペディア
時価総額
86.4 億円

業績