AERAバナー.002

次世代の経済システムの姿とは

資本主義は終焉を迎えたのか。読書を通じて「その先」を考える

2015/12/18
年末年始の時間のあるときにこそ、読書に取り組もうという人も多いだろうが、果たして何の本を、どのようにして読めばいいのか。そんな疑問に答えるべく、「AERA」とNewsPicksの共同企画として、5日連続でムック『AERAの1000冊』の人気記事を紹介。今回は「資本主義」を考えるうえで必読の書を、白井聡氏、赤坂真理氏、永濱利廣氏、渡邉格氏が語る。
第1回:【ヤマザキマリ×磯田道史】歴史は“趣味”ではない。“実用品”だ

会社中心主義から脱却するために

白井聡(政治学者)
 資本主義著者.001

資本主義の死ということがいわれています。資本の側からいうと、これを乗り越えるためには大きな破壊をやるしかない。戦争ですね。今は戦争になるのか、違うシステムに移行するのかの瀬戸際にあると思います。

普通にやっていて利潤率が上がらないというのは、パイが増えないということ。新自由主義は、成長がないときに自分のパイを増やそうとして、社会的な財産を私有権によって囲い込んで奪っていく運動ですが、これが進んでいくとどうなるか。社会が崩壊します。個人は社会から奪えるだけ奪って、社会に何も還元しなくなるからです。

戦後日本資本主義がうまくいったのは、アメリカ型資本主義とソ連型社会主義のいいとこどりをやったからです。

ある時代まで、経団連主流派、労使協調路線の労働組合、民社党などは、自分たちのやり方は社会主義的なのだという意識があった。

われわれはアメリカ型資本主義とも違うし、ソ連のような社会主義でもない、どちらよりも優れたものなんだという自負を持っていて、それはとてもうまくいった。生活水準も全般的に上昇して、それは日本のナショナルプライドまでつくった。

でも今見えてきたのは、その代償がいかに大きかったかということです。1つは会社の担う社会的機能が高度化しすぎた結果、ほかの中間団体がなくなった。

その結果、会社の利潤が上がらなくなってしまったら社会が崩壊するということです。それから会社中心主義ですから人は社畜になる。世界一従順かつ無気力な労働者階級が生まれてしまった。