新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん、監督の仕事を采配・戦術と、選手のエゴのコントロールだけだというのは短絡的だと思います。

企業にも共通するところですが、日本のスポーツチームの場合はチーム文化を大切にしているところが強みだと思います。

監督の仕事の中でも組織構築を含めたチーム文化の浸透・熟成というのは非常に重要です。

それは明確なビジョンと、根気強く非常に泥臭いコミュニケーションを通して出来上がるものです。

ICTが進化しても、そこの非常に重要な部分については専門的な経験が必要不可欠だと思います。
間違いない
スター選手が引退後、長い目で見て稼ぐことを考えると、指導者になるよりも、テレビ解説者をしながら講演で稼ぐ方が安定しているかもしれない。データの見方で言うと、たとえば左打者の左右投手別打率が右投手より左投手が高いケースがあるにもかかわらず、継投で左投手をぶつけることにこだわる監督も少なくない。当たり前だが、感覚とデータをうまく組み合わせられる指揮官が重宝される。
日本の監督はスポークスマン兼親分がいい。あの人のためならひと肌脱げる、という素養が必要。
何度か紹介している「大格差」の中では、人と機械の役割分担について、AIチェスを用いて論じているが、野球もそうだが勝敗がデジタルに見える世界でどういう補完関係になっていくのかを考察するのは極めて意味深いと思う。
記事でも直感よりはデータをきちんと解釈できる人、すなわち機会語をわかり人と機械のインターフェースになれることの付加価値が上がってると指摘してるが、やはりそういう方向なんでしょう
日本が遅れてる原因はいろいろあると思うが、記事にあるように命令権を持つことによってデータを越えた努力を強いることができること、そのカリスマによって選手に一体感を与えること、監督も集客のための重要なアイコンと捉えられていることなどが大きいのでしょうね
日本ではフィールド・マネジメントが重視され、米国ではビジネス・マネジメント、あるいはゼネラル・マネジメントが重視されている事の証左だと思います。
直感だけでプレーしてきたスタープレーヤーが監督になることは、客寄せパンダになって集客力アップ及びグッズ売上アップに貢献できるので、営業目的では正解ですが、過去の成功体験だけで指導されては選手の方がたまらないと思います。

フロントは、監督候補が現役時代から頭を使う選手だったからどうかのリサーチをすることが極めて重要になるでしょう。
「マネー・ボール」よろしく、計量経済専攻の院生、博士課程者なんかがやっても面白い
データ解析・利用の発達によりメジャーリーグでは監督の問われる役割が経験や実績から、データを解釈する能力やスター選手をコントロールする能力に変化して来ている、というもの。こういった変化はビジネス領域においても起こり始めていると思います。Managerは、定量分析の理解・意味づけの能力(quantitative skill)と周りをencourageさせる能力(qualitative skill)の二つの重要度が増してくる。
監督の仕事を機械が奪うということはないと思います。監督が不要ということもない。
意思決定がデータ主導になっているのは間違いないけど、ナンバー2のポジションにデータサイエンティストを置けば終わる話。

監督の役割は、選手としっかりコミュニケーションがとれて、誰も持っていない経験があり、人として信頼されているから組織に安心感をもたらすこと。

監督がデータのことしか語らなくなったら、社会的にもスポーツがつまらないものになってしまいます!
この連載について
世界最大のスポーツ大国であるアメリカは、収益、人気、ビジネスモデル、トレーニング理論など、スポーツにまつわるあらゆる領域で最先端を走っている。そんなアメリカスポーツの最新事情についてレポートする。