新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
執行役員だった頃、親方日の丸系の大企業の方が、新興ウェブサービス系企業を周っているということで、お会いしたことがあります。後から聞くと、ありがたいことに我々の印象が一番良かったそうです。
その理由をよくよく聞いてみると、どうやら他社の方は短パンやらビーサンで対応なさったらしく、私はスーツとネクタイで応対したのが安心したそうです。
「そんなことなの⁉︎」と驚愕しましたが、逆に言えばその程度のことで喜んでもらえるなら、大企業の方にお会いする際にはベンチャーの側だってなんぼでもネクタイを巻きゃいいと思います。
大企業とベンチャーが組むと大きなインパクトが出るというのは、うちのど真ん中のビジネスです。実は、思考、行動様式、能力も補完しあえる。

ユーグレナの出雲社長にお話を伺ったとき、エッジテクノロジーはベンチャー、でも資金力と信用力は大企業。日本で大きく成功するには、このセットが必要と伺いました。
大企業=東海岸とベンチャー=西海岸の境界線がなくなり、お互いに必要としあっているのは間違いない。

さらに、東海岸と西海岸で人の移動がもっと起きることが必要。シリコンバレーでは人の流動性があるから、いちベンチャーいちプロジェクトの感覚でどんどんトライアルが進むし、失敗してもいくらでも次のベンチャー、または大企業に転身することができるのでリスクが取れる。日本では、終身雇用に最適化された形で大企業の人事制度も、法制度も設計されているため、人の流動性が低い。

新産業を育てるためには、成熟化した産業から、こらから伸びる産業に人が動くような制度設計が必要。雇用周りの法制度もそうだし、セーフティネットも成熟産業を救済するようなものでなく、人材を新産業にフィットするように訓練、教育し、むしろどんどん戦略的、政策的に新産業に人が流れていくことを促進すべきだと思う。
ってか日本は大企業がベンチャーに仕事頼まなないからなあ。。
協業が必要なことは間違いない。この趣旨では「大企業は、、」的な大企業側に非を求めがち(自分もその傾向はあるし、NPにおいては尚更)だが、当然お互い様の問題
ベンチャー側の問題としては、そもそものレゾンデートルとして、既存秩序をぶっ壊すことが目的になっていたり、枠組みからはみ出すような人でないとベンチャーはうまくいかないという側面もあることに加え、岩瀬さんが奇しくも言っているように大企業経験がないとか、相手のロジックを分かった上で取り込むしたたかさが足りないことも多いように感じます。
その意味で、やはり大企業出身者の仲間を作れるかというのが大きな意味を持つように思いますね
転職が一般化して早15年。大企業の人は「人柄」が磨かれている。外資やベンチャーの人は「稼ぐセンス」が磨かれている。熟成期間をえて、今やお互いを求めあっていて、非常に相性があう
朝倉さんのコメントが面白い。一年くらい前に、個人的な用事で平日に丸の内・大手町界隈に行った。長ズボンにカットソーといった感じの服だったと思うが、周りを見渡したらスーツの方ばかりで、自分がちょっと前まで毎日通っていたところなのに、ものすごく外様となった感覚を覚えたのが記憶に残っている。ただ、これは日本だけのものではなくて、Googleの人事について書いた「ワーク・ルールズ」を読むと、マッキンゼー・GE出身の筆者が面接でスーツを着ていこうか悩み知人に止められたことなどが書かれている。やはり、事業領域の歴史に伴う慣習というのは根深いと思った。
一方で、それでも東西の交流が進んでいる側面もあろう。スーツを着る癖がない「西海岸」はそれで印象が変わるということは一定心に留めておく価値があると思うし、「東海岸」はそれが本質ではないことを心に留めておく価値があると思う。両側の歩み寄り、お互いに敬意を払うことが実質的な価値を生み出すための第一歩。
NPには女性がいない。。。まあ少ないかも。
それはさておき広告発注は指摘の通り。デジタル化が進んでずいぶんマーケティングの専門家ができた気はする。
その最たるものはオウンドメディアの存在が大きい。普通オウンドメディアの運用は自分たちでするもの。
大企業がスタートアップのスピード感とリスクテイクを取り入れるべく、オープンイノベーションが加速していると日々感じます。ただ、自社だけではネットワークもないし、適切な目利きもできない。
だから、VCに出資したり、CVCを立ち上げて、情報を取得する仕組みを作っている企業が増えています。
大企業によるスタートアップの買収は今後増えるでしょうし、そうなるとエコシステムはさらに進化を遂げるでしょうね。
今アウトバウンド関連の仕事で大手とベンチャーが組んでるんですが、とても良い感じ。大手はパートナーや物件探しなど強く、ベンチャーはそれを元に小回り利かしてガンガン攻める。強みが違っていい感じです。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア