新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バレーボール全日本女子が、試合中のリアルタイム分析に「機械学習」を用いていることが記事に出るのは今回が初! サッカーのドイツ代表も挑戦中とのこと。データ分析がどんどん進化している。
凄い、バレーボールは試合中に機械学習でのよそくが間に合うのか!!

アメリカンフットボールはたぶんまだ計算間に合わないんじゃないかな?

去年SAJに参加させていただきました。

なんといってもフェンシングの千葉さんの話がぶっちぎりで面白かったです。
他国にはナイショですが予想アルゴリズムも試合進行で動的に変えているという離れ業。これが出来てしまうなら、企業向けの機械学習と業務の動的変更はもっとぶっ飛べます。
9メートルのネット幅を守らなければいけなかったのが6メートルに短縮されるって、かなりすごい。これはアナリストの地位が上がるわけだと納得。
統計家視点から意見を言うと、機械学習がスポーツシーンで利活用できるというのは当然のこと。

因みに「SAPブレディクティブ・アナリティクス」とは旧KXEN社を買収して手に入れたプロダクト。
バレーボール日本代表のリアルタイムなセッターのボールを上げる位置のプレディクション。絶対野球の配球分析に使える。興味ある人話しましょう。
これを読んで思うのは、システムはそれを活かす人材とコラボすることでそのパフォーマンスに大きな差が生まれということです。
システム開発と同時に人材育成も急務ですね。
だんだんスポーツに人間味が無くなってくるのかな
うん、いいね!
凄いだいぶきになる
この連載について
SAP社の日本法人副社長がスポーツにおけるテクノロジーを紹介
SAP SE(エスエイピー・エスイー:英語、エス・アーペー・エスエー:ドイツ語: SAP SE)は、ドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社。 ウィキペディア

業績