新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上海に住んで7年です。無印は本当に人気。数少ない中国でうまくいってる日系ブランドの一つ。80年代生まれ「=80後」90年代生まれ「=90後」00年代生まれ「00後」と呼ばれる中国の新しい世代は、これからの新中間層を形成していっていて、生活の多様化が急速に進んでる。
無印はその中間層にマッチするブランド。
中国人は世代によって価値観が全く違う。
日本で言う、所謂、「爆買い」をするマナーの悪い中国人オバちゃん、オジちゃんを中国人のイメージとして持ってると、中国を完全に誤解することになる。
無印には引き続き積極展開して欲しい。
無印の強さは、賃料にある。無理したコストで
一等地に出さない。無理して一等地に旗艦店をだすファストファッションとは違う立地戦略だ。地に足がついた経営である。
ほぼ有楽町店と同じ大きさ。念願のグローバル旗艦店です。
中国では無印良品は本当に大人気。今年はとにかく化粧水がバカ売れしました。
ただし、ここまでの道のりは平坦ではありませんでした。
中国に1号店を開いたのは10年前の2005年でしたが、この時点で実は、「無印良品」及び「MUJI」ブランドの商標(アパレル分野)を巡って香港企業との訴訟問題を抱えていました。
本家本元の良品計画を差し置いて、香港企業が勝手に中国本土で商標登録してしまっていたのです(香港には中国本土より前に進出していたので)。
裁判に8年近くを費やして、2007年にようやく勝訴しますが、それまではアパレル製品なしで商売せざるを得なかった。
このため、積極的な出店ができなかった。同じ時期に中国展開を本格化したユニクロに先行を許したのはこの辺りの事情が大きいです。
今は大きな障害はないので、ガンガン攻めて欲しいところ。
先日読んだ日経の記事に「毒だらけの生活で疲れ果てた中国人」の話があり、中国人は無印的生活を求めているとあった。

経済発展すればライフスタイルの向上に配慮するようになるのは日本の歴史を見ても頷けるし、無印には追い風。

ユニクロと共にアジアを席巻してほしい。
良品計画の中国は今年に入りずっと二桁成長。ライフスタイル提案型の店なので、大型店は非常に合います。中国もサービス業が活発になる中、いいポジションを得てますね。
内需が元気な中国。チャンスですね!

「33歳の女性客は「品数が豊富で、友達と一緒に来て食事もできるのですてきです」と話していました。」
➡友人や家族で買い物する時にお茶したり、食事が出来るのは女子には嬉しいですね。素敵な商品を見て、お洒落なところで休憩する。流行るのがよく理解できます。

良品計画と言えば松井さんのイノベーターズライフ。面白かったです。
良品計画は過去の海外展開の失敗も糧にして、海外展開を加速中、すごい力だな。日本の400店舗につぐ中国が128、台湾33店舗がベスト3。海外売上比率は約30%。各国の店舗数からいっても、まだまだ伸びそう。
中国でこの規模で成功しているのは、ユニクロと無印くらい。共通しているのは、オンリーワンのコンセプト✖️強い現場委任✖️日本で稼いでいてリスクがとれる、ということ。
先日の決算でも中国事業の好調ぶりが際立っていた良品計画。来年までに200店舗まで拡大するとの事。
中国で成功している数少ない日本の小売企業。中国は人気店の出店の際の優遇度合いが日本とは桁違い。一定期間の家賃無料や出店費用負担、そして人件費補助など。そもそも前提となる経済条件が異なるため、競合他社はもはや太刀打ちできないという。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,517 億円

業績