新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まぁ、そうなんだけど、IHIからエンジン部品が最初に出荷される時は赤字か良くてトントンですからね。メンテナンスだけで見れば利益率は高いかもしれないが、最初にかかっている開発や製造の負担を考えるとそんなに魅力的なビジネスとは言えない。
購買時と違って、メンテナンスは競争が減る。売って終わりではないストックビジネスは企業にすごく重要で、技術レベルが高ければ高いほど、メンテナンスビジネスの障壁が高くなる、素晴らしい王道。
IoT技術も活用されれば、コマツのように更にビジネスを創出できそう。
分解好きの子どもでしたが、組み立てると必ず何個か部品が余るんですよね。
IHIに就職は無理かな。。。
航空機エンジンのメンテナンスでは、IHIが圧倒的な強みを持っていると聞いたことがあります。
原油価格の低下による航空運賃の低下やLCCの普及により、アジア諸国で増加する中間層の航空機利用が進むはず。
為替相場とは関係なく、IHIの業績向上に寄与すると考えます。
電子部品は一定条件下での信頼性担保が前提。メンテで維持するなんてふざけるなと言われて門前払い。士農工商組立部品ですな。
日本お技術力が世界で信頼されているということがすごく嬉しい。
>海外の航空会社が総合病院になぞらえ「Mizuho Hospital」と呼ぶ同工場は、世界の航空産業を下支えするとともに、IHIの業績を牽引(けんいん)する屋台骨となっている。
IHIもMHIも航空機関連は絶好調だが造船関連が火を吹いている。世の中、なかなか上手くいかないものだ。
なるほどね。自動車業界では、金型のメンテナンスは日本が断トツだと聞いたことがある。日本と海外ではメンテに対する考え方が違うようだ。日本では“不具合が発生しないように保守をする”なのに、海外工場では“何もトラブルがないのになぜ保守をするのか?トラブルが起きてから対応すればいい”らしい。今は少し改善しているとは思うが。
下町ロケット ではないですが、このような強みは素晴らしい。
かっこいい
株式会社IHI(アイ・エイチ・アイ、英:IHI Corporation)は、東京都江東区豊洲に本社を置く、重工業を主体とする日本の製造会社。三菱重工業(MHI)・川崎重工業(KHI)と共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
2,223 億円

業績