新着Pick
233Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
その為にはJリーグ全体の成長ストーリーが必要。Jクラブが投資に値する事業であることを示さないと投資は集まらない
いいね。まずはビッグピクチャーが必須。僕も、ベガルタサポだった時は、50年後にレアルマドリッドにするとして、という視点で主張し、仲間たちが、それを東北ハンドレッドに働きかけ、少なからず方向感が固まったところもある。

ビッグピクチャーの前に足下だろ、という発想だと、改善しかできないし、目に見える思いつきで方向感を決めるわけにもいかない。

だから、この発想はとても大事だね。

これは、事業やる上でもとても大事だね。
急にクラブの規模をでかくしようと思ったら大富豪オーナーを見つけて金を突っ込んでもらうしかないかと思います。

今のレアルもペレス会長の資金力あってこそですし。

現在の枠組みで成長を目指すというのは、リーグ全体の成長に影響されてしまい、じわじわと歴史を積み重ねていくしか無いような気がします。
世界と戦う野心をもつこと。これはどの業界でも変わらず必要ですね!
Jリーグで売上トップ3はこのようになっています(2014年時点)
1位…浦和 58億5400万円
2位…横浜FM 45億9000万円 
3位…名古屋 40億4200万円 

▼40億以上の売上クラブの共通点
・クラブによるスタジアム所有
・ビッグスポンサー(名古屋はトヨタ、横浜は日産、浦和レッズは三菱)
・強いこと
世界一のクラブチームを目指すには並大抵の努力では成せません。
資金面はもちろんのこと、ジュニア選手の育成、地域の囲い込み、経営陣の成長戦略などやることてんこ盛りですが、ヴェルディの本気、みたいですね!
トップが大きなビジョンを示せることは重要な要素の一つですね。
主に東南アジアからの放映権収入をリーグ主導で高めることがカギですね。
欧米と比べ、時差が小さい点は武器になると思います。