新着Pick
236Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を執筆した川端です。東南アジアニュースをいつも通り眺めていたらば、アルビレックス新潟シンガポールがシンガポール・カップに優勝というニュースが入ってきました。

シンガポールでやっているとは知っていたのですが、調べていくと、スクール事業やバルセロナへの展開まで、とても興味深いことが分かりました。そもそも新潟で会長さんの経営手腕が凄いそうですね。今後のさらなる展開がどうなるのか、興味深いところです。

サッカーをきっかけに、ASEANという地域にも是非、関心を向けて見てください。

今後は日本に戻らずとも、ASEANの地場リーグで活躍して定着する選手が出てくるのだと思います。すでに、タイには何十人と日本人選手が渡っており、なかには人気選手が出てきています。

私はASEANからサッカービジネスという視点でフォローしていきたいと思います。サッカーに詳しい方々からは、引き続き、情報を補足したり、シェアして頂ければと思います(私はサッカーそのものは勉強中ですので、皆さんからの情報が助かります)。

F.Miyakeさん、ベトナムのメッシ、水戸への移籍が正式に発表されましたね。
下記で関連記事を執筆しています。よろしければお読みください。
「JリーグのASEAN攻勢、“ベトナムのメッシ”もJ2移籍」
https://newspicks.com/news/1253727

12月20日、タイで実施されるトヨタのメコンカップを取材しにいきます。トヨタのサッカー広報という観点からです。

追記:アルビレックス新潟シンガポールのホームページでも告知頂きました。関係者の皆様、ありがとうございます。
http://www.albirex.com.sg/ja/archives/16970/
まさかのアルビレックス来ましたね笑。

シンガポール、プノンペン、バルセロナとそれぞれ違うビジネスモデルで成立させているのが面白いです。

シンガポールやミャンマーの人達に言わせると、Jリーグのアジア戦略室よりも自分達はアジアサッカーのことを知っていると自信持っているそうです。

アジアのサッカーリーグで活躍する日本人はだいたいこのアルビレックス新潟シンガポールを経て移籍してたりします。

もうひとつアルビレックスが特徴的なのは、サッカーに限らず、バスケットボール、野球、チアリーダー、陸上、スキー&スノーボード、レーシングなど、「アルビレックス」という名前で多競技に渡って連携しているということです。

私が縁もゆかりもない新潟にいるのもそこに関係してたりします。
素晴らしい。
カジノが楽しめるクラブハウスとは、スタジアム内にあるのでしょうか?そのスタジアムは民営?フィリピンやタイでは、地方のスタジアムは有力政治家ファミリーに牛耳られ、スタジアムに付属するチームも当然、政治家からの支援を受けなくては存続できないというある種のパターンがあるのですが、シンガポールの事例はだいぶ状況が異なるので興味深いです。
面白い試みで、かつ結果を出している点が素晴らしい。
日本人だけで構成されたチームを現地がどういうふうに見ているのかも知りたい。

聞いているだけでもワクワクしてくる。バルセロナでも是非成功して欲しい。
クラブハウスは社交場。英国のクラブハウスにはパブがある。でも、シンガポールではカジノがあることで、嫌がる人はいないのかな。それ以上にリターンの方が大きいのか。日本でパチンコや雀荘の併設されたサッカークラブがあると想像したら、イメージダウンになりそうだけど。
アルビレックス新潟シンガポールに、バルセロナに、プノンペン。全く知らなかった。一つの成功モデルですね。どんどんこういう事例が出てくると良いですね。本田のホルンとも絡むと面白そう。
どの国に展開しても、新潟の名前を冠しているところが面白い。
ぼくニイガタ出身です。つまり・・。
面白い。初耳。

川端さんの記事、幅広い!笑
この連載について
高い経済成長を実現し、世界中から注目が集まるASEAN(東南アジア諸国連合)。インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ブルネイ、ラオスの10カ国からなる成長マーケットは今、どのような状態にあるのか。シンガポールに駐在するASEANエキスパートが旬な話題を現場から解説する。