新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載「金メダリストの創り方」、「世界王者の風景」を執筆してくれている川内イオさんを書き手に、リニューアルしました。その第一弾は本日から3日連続で夕方に掲載。スポーツファンはもちろん、子どもを持つ親には是非読んでほしい。
この取材の切り口は素晴らしい!!
お母さんの苦悩がとてもわかりやすく伝わってきます。
こういう記事をもっと読みたいです!
若い世代の選手のメディア露出は難しいです。野球の話になりますが、中学時代の有名な選手がどこの高校に進学したかを掲載している媒体があって、猛反対したことがありました。高校野球の名門に入っただけで大変なのに、プレッシャーに晒すのは、彼らの将来のためにならないと。「それで消えたらそこまでの選手」という意見を言われましたけど、それをメディアが課す権利はないと思います。また、中田翔(日ハム)が高校1年のとき、入学直後から評判が絶えなかった。でも、大阪桐蔭は、1年の夏の大阪府予選まで、メディアにはほぼ出さなかったんですよね。で、1年の夏以降は、メディアに出まくった。プレッシャーあるだろうなぁというのも感じていたが、「それだけの選手、こういうプレッシャーも乗り越えないと上の世界ではやっていけない」とどんな取材も受けるようになった。本人もそれを理解していた。スーパースターになるような選手は、どこからか背負わなきゃいけなくなる思いますけど、それがどこからかの判断は難しいですよね。宿命を背負うと言うんでしょうかね。。。。
育て方のノウハウが、テクニックに陥ったり、感情論に陥っていくのは、あまり好きになれません。

マーケティングについても同様。

特に育て方については、親も悩みながら前に進んでいるし、子供もわからないながら前に進んでこと。

成功しつつある人を取り上げるだけでなく、途を拓く過程を温かく見守りながら取り上げるといったことが、もっと増えていくといいと思います。
子供の成長というのは、親が思う以上に早いし、何がきっかけになるかは分からないものですね。
この連載について
4年に1度の五輪で金メダリストに輝く者は、どんな努力を重ねているのか。各競技団体はどうやって世界一になる選手を育て上げているのか。各競技の取り組みを紹介していく。
株式会社 福原(ふくはら)は、道東の十勝・釧路・根室地方を中心に「フクハラ」などの屋号でスーパーマーケットを展開するアークスグループの企業。CGCグループに加盟している。 ウィキペディア