新着Pick
647Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外資、ベンチャーは、何かあったら、自分で稼いで生きる覚悟が出来ていることが前提だと思います。そして、その覚悟を持てれば、大企業的社内政治は、全く気にならなくなるはずです。何故かと言えば、社内政治に巻き込まれるのは、まだ御せる相手だと思われているからです。覚悟をもった人を巻き込むのは、相手もたじろぎますので。
外資、特にアメリカ系は「おせじ」「こびへつらい」などが日本企業以上に重要になると聞いたことがあります。
ボスに気に入られないと大変なことになるからだそうです。

それにしても、外資系の従業員は「辞めてくれ」と告げられると素直に辞める人が多いですねー。
外資系であっても日本の労働基準法が適用されるということを知らないのでしょうか?
それとも、いくらでも他にアテがあるという自信の現れでしょうか?
「それにしても、外資系の従業員は「辞めてくれ」と告げられると素直に辞める人が多いですねー。
外資系であっても日本の労働基準法が適用されるということを知らないのでしょうか?」
という尊敬する荘司さんの疑問に私なりにご回答しますと、

・外資系の人々の多くは、外資系中心のキャリアにて家族共々生き抜くためにも、自分の権利を守ってくれる関連法令規則にアンテナを張っています。もちろん、労働基準法が外資系にも適用されることはよく理解しています

・一方、外資系で肩たたきにあった人が退職時にゴネると、次の外資系雇用主にも「往生際の悪さ」が必ずばれ、再就職に悪影響が生じます。肩たたきに合うと当該企業での再チャレンジはほぼ不可能でありますところ、さっさと頭を切り替えて、パッケージをもらい、良い条件で次を探すことが合理的行動です
読んでいても甘えしか正直感じなかった。「手柄をかすめ取る同僚」はともかく「難題を突き付けてくる上司」や「下から地位を狙う部下」は社内政治なのだろうか?実力を問われる局面だと思うが…また本当に実力あるなら、同僚にそもそもかすめ取られないだろう(だって周りも相談者が一番成果出したという認識をしているから、その不整合に気付く)。
外資・内資、大企業・ベンチャー関係なく、また同じ会社でも人によりけりだと思うが、究極的には実際に業務で関係ある人と極端に嫌われずに成果を出せば、そう悪い処遇にならないと思う。だって、仕事ができて、感情的な対立がないのだから、会社に残ってもらうことに価値がある。もし直接の上司に成果を取られるなど感情的な対立があったとしても、上司の上司にとって貴重な戦力だったら、やめれば上司だけでなく上司の上司も困るのだから、それを伝えればいい。外資だって政治はあるし、記事にあるように現地事務所という実態も一側面だと思うが、稼いでいて不満があれば、それを聞いてくれる風土は一定あると個人的には思う(だって稼いでいる人は辞められれば困るから)。
この分析は素晴らしい。そしてベンチャーの社長の条件がすごい。面白い。スケベ、というのは僕もそうだが、それ以外は、向いてないってのがよくわかる。

それにしても、40越えてから初めて嫌気がさすと辛いね。日系企業に勤め続けるにしても、なるべく一回二回は転職はしといたほうが、精神衛生上もいいと思うな。
ひとによるだろ
<追加>
外資系の方がウェットだし、ノミにケーションが重要。また、親分子分の関係も強い。いちおう、英、独、米、を経験した。

<元>
大学院までは実験系、その後は、日経、外資、ベンチャー(起業)とやってきた。金融系、メーカー系のマトリックスもあった方がいい。金融なら、銀行系、証券系、欧と米でも違う。

また、経営重心の発想でも考えるといい。ある会社にアドバイスしているが、経営重心は意外と人事に役立つらしい。
40歳なら、会社の固有周期や固有桁数がある。3年周期で、一声、何十億円のビジネスの人は、8年周期で、一声、何万円のビジネスはできない。これは、人事評価制度に関連し、業種を超えて通用する。
起業した方がいいでしょうか?外資に転職した方がいいでしょうか?こういう質問する人は本気で動く気なんてさらさら無いんですよね。
さすが転職12回の山崎さん。過不足が全くない的確な回答だと思います。
それぞれに一般的な傾向はあるのでしょうが、環境に「ベスト」はないと思います。その人による。好きなようにしてください(←これ、久しぶりに言ったな)。