【中村佑介】イラストレーターに才能はいらない

2015/12/9
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、『謎解きはディナーのあとで』などの書籍カバー、さらにアニメ、TVCMのキャラクターデザインも手がけるイラストレーター・中村佑介。中村は、画集の総売り上げが異例の13万部を突破するなど、非常に高い人気を誇るイラストレーターだ。その傍ら、日本各地でイラスト教室を開き、ツイッター上で一般人からのイラストを添削指導するほか、『みんなのイラスト教室』を出版するなど、イラストレーションの裾野を広げる活動に取り組んでいる。その創作に込められた秘密と、イラストレーションへの思いについて聞いた。
業界が抱える課題
──中村さんは、イラストレーターの第一線で活躍されていると同時に、イラストレーション(イラスト)をもっとメジャーにしたいと各所でお話ししていますね。イラスト業界の課題は、どこにあるのでしょうか。
中村 日本において、イラストってすごくマイナーな存在だと思います。
たとえば、クールジャパン戦略には、漫画、アニメ、映画がありますけれど、そこに単体のイラストレーションという文化は入っていない。僕自身、イラストが日本を代表する文化になってほしいと考えているので、悔しいなという思いを抱えています。ただ、そうならない理由もよくわかるんです。