新着Pick
217Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載もいよいよ10回目です。今回は『経営チームに求められるスキルって何ですか?』。前回の『起業家に必要なスキルってなんですか?』に続いてチームに必要なものを、”経営者”としてにフォーカスして対談してみました。
kこの事業で成功するためには何が必要か?=事業のKey Success Factorからの逆引きで、チームとして備えるべきケーパビリティを定義すべきかと思っています。

その時留意すべきは、短期的な競争環境を前提に、”今勝つために”何が必要か?ではなく、長期的に”持続的に勝ち続けるために”何が必要かを、競争環境が変化する前提で捉えることかと思っています。

自分たちが参入し競争環境をどう変えるか、自分たちが一定の成功を収めたときに競合がどうカウンターしてくる、そして市場が立ち上がってくるときにユーザ側でどのような変化がおきるか、、、このような変化仮説こそが経営者が持つべき構想だと思っています。

そこには、自分たちが業界のこのようにかえる!という”意志”が入っていることも重要です。

そして、いつも最後は同じ〆で恐縮ですが、理論としては上述の通りロジカルなのですが、VCをはじめとしてパートナーを選ぶときは、最後は人と人の相性です 笑
これ読んでふと思いましたが、総合型地域スポーツクラブのKSFって論じられてるのだろうか?

興味あるなー。
ある方が創業チームをバンドで例えていた話を聞いたことがありましたが、その例えでいくと、VCはバンドのプロデューサー、レコード会社の方、みたいな感じなのかもしれない…とふと思いました。
芸風って言葉、いいな。
確かに、かりやぞのさんとか高宮さんが、「漢気だぜ!」と言う感じはしない。
記事名に「経営チーム」とあるが、記事を読んでも「経営者」ではなく「経営チーム」を見ているのが印象的。個人的にはハラオチするのだが、VCのベンチャーへの接し方として、これが一般的なのか、それともGlobisなり高宮さんのスタイルなのか、はては時代とともにどう変化したり、他国ではどうなのか、色々好奇心がわく(そして是非他のキャピタリストの方のコメントも見たい!!)。
プロダクトを作れる人が欲しいです。
投資家としてパターンを学ぶことは良いと思いますが、百聞は一見に如かずで、起業することが一番だと思うなー。